子部雜家類

游宦紀聞 函架番号:403・57

游宦紀聞10卷

唐 半 2册

宋張世南撰
[南宋]刊([浙]) 昌平坂學問所舊藏

(前)後補墨染表紙(21.0×14.9cm),(後)後補香色艶出表紙 左肩に香色地紅色花卉文蠟牋題簽を貼布し「游官紀聞〈幾之幾〉(行書)」と書す,首冊のみ右下方に双辺鉛印蔵書票を貼布し「雑家 六ノ二」と朱書す,書根に題簽同筆にて「(毎字改行)遊宦紀聞幾之幾」と書す 竹紙,印面擦れ,虫損修補,天地截断
巻首「

游宦紀聞巻第一

/(低7格)鄱 陽 張 〈世南〉」 毎章首行擡頭低1格,句下夾注(小字双行),諱字平出或いは空格を隔つ,墨釘あり 【第1冊】(巻1)10張,(巻2)10張,(巻3)10張,(巻4)10張,(巻5)10張,【第2冊】(巻6)1至9張(計9張),(巻7)1至3,5至10張(計9張),(巻8)10張,(巻9)10張,(巻10)10張
左右双辺(17.2×12.0cm)有界,10行18字,欧体 (闕筆)玄泓貞徴樹完搆購敦 白口,単黒魚尾,魚尾下「紀聞幾」と題し張数,上辺字数,下辺工名 (工名)徐仁
巻尾「游宦紀聞巻第幾」
李発先跋 1張,第2行より低1格「鄱陽張光叔文獻故/家也講學家庭藏書目冨蚤從□雲臺史君/游宦入蜀見聞已不凡矣及渉江湖達浙閩/視昔所獲夥甚懼遺忘而隨筆之(中略)

紹定壬辰中冬前一日/忠定後人李〈發先〉書

」 宋紹定2年李発先
稀に欄上[室町末近世書]墨補注書入,別手淡墨傍句点,圏点,傍線,稀に連合符書入,別朱竪句点,連合符,鈔補,第2冊欄上に標点書入あり,香色,縹色不審紙 数張毎に欄上に「(毎字隔行)玉雲//(庵)常住(公用)」と,同筆にて巻3尾題前,巻5尾題前,跋前に「

玉雲庵常住

」と書す,巻6第9張背面の書脳に「欠(以下虫損)」,巻9第3張背面の書脳に「次欠一丁」と書す 毎冊表紙右肩と毎尾辺欄内左上に単辺長方陽刻「昌平坂/學問所」②墨印記,毎尾辺欄内左下に無辺陽刻「文化辛未」⑦朱印記あり,毎首辺欄内右下に双辺長方陽刻「淺草文庫」朱印記あり,同右上に単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり,

子部雜家類

游宦紀聞 函架番号:403・57

游宦紀聞10卷

唐 半 2册

宋張世南撰
[南宋]刊([浙]) 昌平坂學問所舊藏

(前)後補墨染表紙(21.0×14.9cm),(後)後補香色艶出表紙 左肩に香色地紅色花卉文蠟牋題簽を貼布し「游官紀聞〈幾之幾〉(行書)」と書す,首冊のみ右下方に双辺鉛印蔵書票を貼布し「雑家 六ノ二」と朱書す,書根に題簽同筆にて「(毎字改行)遊宦紀聞幾之幾」と書す 竹紙,印面擦れ,虫損修補,天地截断
巻首「

游宦紀聞巻第一

/(低7格)鄱 陽 張 〈世南〉」 毎章首行擡頭低1格,句下夾注(小字双行),諱字平出或いは空格を隔つ,墨釘あり 【第1冊】(巻1)10張,(巻2)10張,(巻3)10張,(巻4)10張,(巻5)10張,【第2冊】(巻6)1至9張(計9張),(巻7)1至3,5至10張(計9張),(巻8)10張,(巻9)10張,(巻10)10張
左右双辺(17.2×12.0cm)有界,10行18字,欧体 (闕筆)玄泓貞徴樹完搆購敦 白口,単黒魚尾,魚尾下「紀聞幾」と題し張数,上辺字数,下辺工名 (工名)徐仁
巻尾「游宦紀聞巻第幾」
李発先跋 1張,第2行より低1格「鄱陽張光叔文獻故/家也講學家庭藏書目冨蚤從□雲臺史君/游宦入蜀見聞已不凡矣及渉江湖達浙閩/視昔所獲夥甚懼遺忘而隨筆之(中略)

紹定壬辰中冬前一日/忠定後人李〈發先〉書

」 宋紹定2年李発先
稀に欄上[室町末近世書]墨補注書入,別手淡墨傍句点,圏点,傍線,稀に連合符書入,別朱竪句点,連合符,鈔補,第2冊欄上に標点書入あり,香色,縹色不審紙 数張毎に欄上に「(毎字隔行)玉雲//(庵)常住(公用)」と,同筆にて巻3尾題前,巻5尾題前,跋前に「

玉雲庵常住

」と書す,巻6第9張背面の書脳に「欠(以下虫損)」,巻9第3張背面の書脳に「次欠一丁」と書す 毎冊表紙右肩と毎尾辺欄内左上に単辺長方陽刻「昌平坂/學問所」②墨印記,毎尾辺欄内左下に無辺陽刻「文化辛未」⑦朱印記あり,毎首辺欄内右下に双辺長方陽刻「淺草文庫」朱印記あり,同右上に単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり,

子部雜家類

游宦紀聞 函架番号:403・57

游宦紀聞10卷

唐 半 2册

宋張世南撰
[南宋]刊([浙]) 昌平坂學問所舊藏

(前)後補墨染表紙(21.0×14.9cm),(後)後補香色艶出表紙 左肩に香色地紅色花卉文蠟牋題簽を貼布し「游官紀聞〈幾之幾〉(行書)」と書す,首冊のみ右下方に双辺鉛印蔵書票を貼布し「雑家 六ノ二」と朱書す,書根に題簽同筆にて「(毎字改行)遊宦紀聞幾之幾」と書す 竹紙,印面擦れ,虫損修補,天地截断
巻首「

游宦紀聞巻第一

/(低7格)鄱 陽 張 〈世南〉」 毎章首行擡頭低1格,句下夾注(小字双行),諱字平出或いは空格を隔つ,墨釘あり 【第1冊】(巻1)10張,(巻2)10張,(巻3)10張,(巻4)10張,(巻5)10張,【第2冊】(巻6)1至9張(計9張),(巻7)1至3,5至10張(計9張),(巻8)10張,(巻9)10張,(巻10)10張
左右双辺(17.2×12.0cm)有界,10行18字,欧体 (闕筆)玄泓貞徴樹完搆購敦 白口,単黒魚尾,魚尾下「紀聞幾」と題し張数,上辺字数,下辺工名 (工名)徐仁
巻尾「游宦紀聞巻第幾」
李発先跋 1張,第2行より低1格「鄱陽張光叔文獻故/家也講學家庭藏書目冨蚤從□雲臺史君/游宦入蜀見聞已不凡矣及渉江湖達浙閩/視昔所獲夥甚懼遺忘而隨筆之(中略)

紹定壬辰中冬前一日/忠定後人李〈發先〉書

」 宋紹定2年李発先
稀に欄上[室町末近世書]墨補注書入,別手淡墨傍句点,圏点,傍線,稀に連合符書入,別朱竪句点,連合符,鈔補,第2冊欄上に標点書入あり,香色,縹色不審紙 数張毎に欄上に「(毎字隔行)玉雲//(庵)常住(公用)」と,同筆にて巻3尾題前,巻5尾題前,跋前に「

玉雲庵常住

」と書す,巻6第9張背面の書脳に「欠(以下虫損)」,巻9第3張背面の書脳に「次欠一丁」と書す 毎冊表紙右肩と毎尾辺欄内左上に単辺長方陽刻「昌平坂/學問所」②墨印記,毎尾辺欄内左下に無辺陽刻「文化辛未」⑦朱印記あり,毎首辺欄内右下に双辺長方陽刻「淺草文庫」朱印記あり,同右上に単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり,

全文影像


巻1首

分類目録

最後まで表示する