子部醫家類

魏氏家藏方 函架番号:403・101

魏氏家藏方10卷 序目1卷 闕卷3

唐 大 11册

宋魏峴撰
宋寳慶3年序刊 東福寺普門院 多紀藍溪 醫學館舊藏

後補茶色艶出表紙(26.0×19.1㎝) 左肩に題簽を貼布し単辺中に「魏氏家蔵方 〈幾〉」と書す,中央に「 漢書門 /[ ]類/[ ]號/[ ]函/[ ]架/[ ]册」鉛印蔵書票を貼附す 竹紙,裏打修補,裏打後の虫損あり
「魏氏家蔵方序」 【第1冊】2張,「(中略)〈峴〉自問仕㠯来垂四十稔媿無/秋豪之善足以活民又以素弱多/病百藥俻甞囙摭 先大父文莭公/先人刑部所錄及〈峴〉躬試而效者/得方凢千五十有一釐為四十一門//一十巻集成一書目曰魏氏家蔵/不敢自竒用鋟諸梓以廣其傳(中略)

寳慶丁亥中和莭碧溪魏〈峴〉序

」 寳慶3年魏峴序,毎半張7行,行字数不等,写刻体 「魏氏家藏方目録」 28張 尾題「魏氏家藏方目録巻終」
巻首「

魏氏家藏方巻第一

/中風(墨囲陰刻)/大藥紫金丹」 先ず薬名及び効能を標し,改行して低3,11格に薬種を挙げ(附注小字双行),改行低1格「右」以下に用法を示す,毎章改行 【第2冊】(巻1)第1至8,10至34張(計33張),【第3冊】(巻2)46張(第1張前半補紙,題署2行のみ鈔補),【第4冊】(巻4)27張,【第5冊】(巻5)44張,【第6冊】(巻6)第1至2,4,6至24張(闕張補紙,計24紙),【第7冊】(巻7)51張(第36張後半を第8張前半の後に錯綴,第8張後半の前,第36張前半の後に各白紙半葉を補う,計52紙),【第8冊】(巻8)35張(書入張数闕第8,第36に至る),【第9冊】(巻9)45]張,【第10冊】(巻10)第1至33張,【第11冊】(巻10)第34至67張(書入張数闕第44)
左右双辺(22.7×15.6㎝)有界,10行19字或いは20至23字 白口,双黒(線)魚尾(対向,稀に不対向)間題「方幾」等,張数,上象鼻大小字数,下辺工名 (工名)劉庚,范文,万□,劉□,劉仲,張明,余才,秦安,余東
巻尾「魏氏家藏方巻第幾」
* 稀に墨筆にて返点,音訓送仮名書入,代赭色不審紙,毎張左辺外に「幾之幾」と巻張数書入あり 第2冊尾に淡墨にて「(低9格)正三位知家/此秋はむそちあまりに露そをく/老や夕のあはれとはなる」(続古今和歌集356),第9冊尾に同「一夜のほとに行かへるらん」(同2)墨書 巻7第8折後半上辺より紙箋を貼附し「七ノ卅六丁目烏玉圓ノ薬方誤テ此ニ/入申候此ハ左右ニテ(4字補入)壱枚脱簡仕候ト相見ヘ申候」と書す,巻7第16(「十七」)張前半の眉上に不明墨書附箋残存す 目首,目第21張,第2冊尾(前半張),巻2第22張(背面),第4冊首,巻5第4張,第5冊末(前半張),第7冊首,第7冊末(前半張),第8冊首,巻8第10張,第10冊首,巻10第24張,大尾(以上,多くは少しく転倒)に単辺方形陽刻「

普門院

(楷書)」朱印記(東福寺普門院),巻首,第4冊首に双辺同「

廣壽院/架臧記

」朱印記(多紀藍渓),首,毎巻首,第11冊首に単辺同「多紀氏/臧書印」朱印記(多紀家),同「江戸醫學/藏書之記」朱印記(医学館),同「日本/政府/圖書」朱印記,同「帝室/圖書/之章」⑤朱印記を存す

子部醫家類

魏氏家藏方 函架番号:403・101

魏氏家藏方10卷 序目1卷 闕卷3

唐 大 11册

宋魏峴撰
宋寳慶3年序刊 東福寺普門院 多紀藍溪 醫學館舊藏

後補茶色艶出表紙(26.0×19.1㎝) 左肩に題簽を貼布し単辺中に「魏氏家蔵方 〈幾〉」と書す,中央に「 漢書門 /[ ]類/[ ]號/[ ]函/[ ]架/[ ]册」鉛印蔵書票を貼附す 竹紙,裏打修補,裏打後の虫損あり
「魏氏家蔵方序」 【第1冊】2張,「(中略)〈峴〉自問仕㠯来垂四十稔媿無/秋豪之善足以活民又以素弱多/病百藥俻甞囙摭 先大父文莭公/先人刑部所錄及〈峴〉躬試而效者/得方凢千五十有一釐為四十一門//一十巻集成一書目曰魏氏家蔵/不敢自竒用鋟諸梓以廣其傳(中略)

寳慶丁亥中和莭碧溪魏〈峴〉序

」 寳慶3年魏峴序,毎半張7行,行字数不等,写刻体 「魏氏家藏方目録」 28張 尾題「魏氏家藏方目録巻終」
巻首「

魏氏家藏方巻第一

/中風(墨囲陰刻)/大藥紫金丹」 先ず薬名及び効能を標し,改行して低3,11格に薬種を挙げ(附注小字双行),改行低1格「右」以下に用法を示す,毎章改行 【第2冊】(巻1)第1至8,10至34張(計33張),【第3冊】(巻2)46張(第1張前半補紙,題署2行のみ鈔補),【第4冊】(巻4)27張,【第5冊】(巻5)44張,【第6冊】(巻6)第1至2,4,6至24張(闕張補紙,計24紙),【第7冊】(巻7)51張(第36張後半を第8張前半の後に錯綴,第8張後半の前,第36張前半の後に各白紙半葉を補う,計52紙),【第8冊】(巻8)35張(書入張数闕第8,第36に至る),【第9冊】(巻9)45]張,【第10冊】(巻10)第1至33張,【第11冊】(巻10)第34至67張(書入張数闕第44)
左右双辺(22.7×15.6㎝)有界,10行19字或いは20至23字 白口,双黒(線)魚尾(対向,稀に不対向)間題「方幾」等,張数,上象鼻大小字数,下辺工名 (工名)劉庚,范文,万□,劉□,劉仲,張明,余才,秦安,余東
巻尾「魏氏家藏方巻第幾」
* 稀に墨筆にて返点,音訓送仮名書入,代赭色不審紙,毎張左辺外に「幾之幾」と巻張数書入あり 第2冊尾に淡墨にて「(低9格)正三位知家/此秋はむそちあまりに露そをく/老や夕のあはれとはなる」(続古今和歌集356),第9冊尾に同「一夜のほとに行かへるらん」(同2)墨書 巻7第8折後半上辺より紙箋を貼附し「七ノ卅六丁目烏玉圓ノ薬方誤テ此ニ/入申候此ハ左右ニテ(4字補入)壱枚脱簡仕候ト相見ヘ申候」と書す,巻7第16(「十七」)張前半の眉上に不明墨書附箋残存す 目首,目第21張,第2冊尾(前半張),巻2第22張(背面),第4冊首,巻5第4張,第5冊末(前半張),第7冊首,第7冊末(前半張),第8冊首,巻8第10張,第10冊首,巻10第24張,大尾(以上,多くは少しく転倒)に単辺方形陽刻「

普門院

(楷書)」朱印記(東福寺普門院),巻首,第4冊首に双辺同「

廣壽院/架臧記

」朱印記(多紀藍渓),首,毎巻首,第11冊首に単辺同「多紀氏/臧書印」朱印記(多紀家),同「江戸醫學/藏書之記」朱印記(医学館),同「日本/政府/圖書」朱印記,同「帝室/圖書/之章」⑤朱印記を存す

子部醫家類

魏氏家藏方 函架番号:403・101

魏氏家藏方10卷 序目1卷 闕卷3

唐 大 11册

宋魏峴撰
宋寳慶3年序刊 東福寺普門院 多紀藍溪 醫學館舊藏

後補茶色艶出表紙(26.0×19.1㎝) 左肩に題簽を貼布し単辺中に「魏氏家蔵方 〈幾〉」と書す,中央に「 漢書門 /[ ]類/[ ]號/[ ]函/[ ]架/[ ]册」鉛印蔵書票を貼附す 竹紙,裏打修補,裏打後の虫損あり
「魏氏家蔵方序」 【第1冊】2張,「(中略)〈峴〉自問仕㠯来垂四十稔媿無/秋豪之善足以活民又以素弱多/病百藥俻甞囙摭 先大父文莭公/先人刑部所錄及〈峴〉躬試而效者/得方凢千五十有一釐為四十一門//一十巻集成一書目曰魏氏家蔵/不敢自竒用鋟諸梓以廣其傳(中略)

寳慶丁亥中和莭碧溪魏〈峴〉序

」 寳慶3年魏峴序,毎半張7行,行字数不等,写刻体 「魏氏家藏方目録」 28張 尾題「魏氏家藏方目録巻終」
巻首「

魏氏家藏方巻第一

/中風(墨囲陰刻)/大藥紫金丹」 先ず薬名及び効能を標し,改行して低3,11格に薬種を挙げ(附注小字双行),改行低1格「右」以下に用法を示す,毎章改行 【第2冊】(巻1)第1至8,10至34張(計33張),【第3冊】(巻2)46張(第1張前半補紙,題署2行のみ鈔補),【第4冊】(巻4)27張,【第5冊】(巻5)44張,【第6冊】(巻6)第1至2,4,6至24張(闕張補紙,計24紙),【第7冊】(巻7)51張(第36張後半を第8張前半の後に錯綴,第8張後半の前,第36張前半の後に各白紙半葉を補う,計52紙),【第8冊】(巻8)35張(書入張数闕第8,第36に至る),【第9冊】(巻9)45]張,【第10冊】(巻10)第1至33張,【第11冊】(巻10)第34至67張(書入張数闕第44)
左右双辺(22.7×15.6㎝)有界,10行19字或いは20至23字 白口,双黒(線)魚尾(対向,稀に不対向)間題「方幾」等,張数,上象鼻大小字数,下辺工名 (工名)劉庚,范文,万□,劉□,劉仲,張明,余才,秦安,余東
巻尾「魏氏家藏方巻第幾」
* 稀に墨筆にて返点,音訓送仮名書入,代赭色不審紙,毎張左辺外に「幾之幾」と巻張数書入あり 第2冊尾に淡墨にて「(低9格)正三位知家/此秋はむそちあまりに露そをく/老や夕のあはれとはなる」(続古今和歌集356),第9冊尾に同「一夜のほとに行かへるらん」(同2)墨書 巻7第8折後半上辺より紙箋を貼附し「七ノ卅六丁目烏玉圓ノ薬方誤テ此ニ/入申候此ハ左右ニテ(4字補入)壱枚脱簡仕候ト相見ヘ申候」と書す,巻7第16(「十七」)張前半の眉上に不明墨書附箋残存す 目首,目第21張,第2冊尾(前半張),巻2第22張(背面),第4冊首,巻5第4張,第5冊末(前半張),第7冊首,第7冊末(前半張),第8冊首,巻8第10張,第10冊首,巻10第24張,大尾(以上,多くは少しく転倒)に単辺方形陽刻「

普門院

(楷書)」朱印記(東福寺普門院),巻首,第4冊首に双辺同「

廣壽院/架臧記

」朱印記(多紀藍渓),首,毎巻首,第11冊首に単辺同「多紀氏/臧書印」朱印記(多紀家),同「江戸醫學/藏書之記」朱印記(医学館),同「日本/政府/圖書」朱印記,同「帝室/圖書/之章」⑤朱印記を存す

全文影像


巻首,多紀藍渓印記

分類目録

最後まで表示する