集部別集類

〈王狀元集/百家注分類〉東坡先生詩 函架番号:404・62

王狀元集百家注分類東坡先生詩25卷

唐 大 13册

宋蘇軾撰 宋王十朋[編并]注
[南宋]刊([浙]) [室町]訓點補注書入 劉辰翁批點移寫本 堀杏庵 小嶋寶素 小嶋抱冲 昌平坂學問所等舊藏

新補淡茶色表紙(26.6×16.4cm) 左肩に茶色旧表紙に貼附と思しき「東坡先生詩 幾之幾(終)」と書せる題簽(破損,裏打ち修補)を貼附す 白紙,裏打ち改装,原紙高約24.7㎝
第5冊前,第6冊前,第8冊前,第13冊前後見返し新補,第13冊後見返し右下に「右百家註分類東坡詩宋版十三本/明治四十年十二月修褙改褾/(低8格)圖書寮」と墨書 第5冊前,第6冊前,第8冊前,第13冊前後副葉(旧見返し),補注書入あり
巻首「

王狀元集百家注分類東坡先生詩巻之一

/(低3格)〈前禮部尚書端明殿學士兼侍讀學士贈太師謚文忠公〉蘇〈軾〉/(低1格)紀行/(低2格)詩九十二首/(低3格)壬寅二月有 詔令郡吏(下略)」(巻5至8,20,24は首行「注」を「註」に作り,巻25は「分類」2字なし) 字下夾音(小字双行),句下夾注(同,注者名陰刻,「十朋」あり),毎篇改行 【第1冊】(巻1)26張,(巻2)第1至10,「又十」,11至19張,【第2冊】(巻3)25張,(巻4)第1至9,又5張(虫損),14至25張,【第3冊】(巻5)24張,(巻6)20張,【第4冊】(巻7)29張,(巻8)26張,【第5冊】(巻9)23張,(巻10)23張,【第6冊】(巻11)27張,(巻12)24張,【第7冊】(巻13)24張,(巻14)19張,【第8冊】(巻15)20張,(巻16)26張,【第9冊】(巻17)29張,(巻18)31張,【第10冊】(巻19)44張,【第11冊】(巻20)25張,(巻21)28張,【第12冊】(巻22)28張,(巻23)28張,【第13冊】(巻24)33張,(巻25)26張
左右双辺(20.5×12.8cm),有界,13行22字,小27字,欧陽詢体 (闕筆)玄絃泫弦舷眩弘泓殷慇匡筺桓徴搆慎(不厳) 双(或いは単)黒魚尾(対向,或いは向せず),上尾下に「寺幾」と題し張数,上辺字数
巻尾「王狀元集百家注分類東坡先生詩巻之幾」(巻6至8,24は「注」を「註」に作り,巻25「分類」2字なし)
[室町]の朱筆にて竪句読点,返り点,音訓送り仮名墨筆にて,返り点,音訓送り仮名,行間,欄外,稀に紙箋を貼附し補注(周密,筆跡4種)書入れ,別手墨筆にて劉辰翁批點を移写(巻首第3行「廬陵須溪劉〈辰翁〉批點」と,巻中には「批」と標す),縹色不審紙 巻3,6,9,12,15,18,20,23,25尾題下に「性之」と墨書(巻6,12,25は方形陰刻「壽本」朱印記を伴う),巻15尾題の後「

頤軒程承子家塾/(低4格)▪▪(墨滅)

」墨識あり 毎冊尾に方形陰刻「壽本」(尾題下,巻6・12・25は「性之」墨書に掛く),毎冊首に単辺円形陰刻不明朱印記,単辺方形陽刻「

平安堀氏/時習齋臧

」朱印記(堀杏庵),毎冊首に単辺方形陽刻「

小島氏/圖書記

」(大尾他にも), 首尾冊首に爵形陽刻「佞/宋」,巻2首に方形陰刻「尚質/私印」(大尾にも),単辺方形陽刻「豈待開巻□/撫弄亦欣然」,第1冊尾に方形陽陰刻「臣/尚質」,巻4首に単辺方形陽刻「葆素堂/臧驚/人祕笧」,大尾に同「學古氏」朱印記(以上7顆,小島宝素),第1冊尾に同「父子鐙/前共/讀書」朱印記(小島宝素,抱冲),巻4尾に方形陰刻「尚真/私印」朱印記(小島抱冲),毎冊尾に同「昌平坂/學問所」墨,無辺陽刻「嘉永壬子」朱印記(昌平坂学問所),毎冊首に双辺方形陽刻「淺草文庫(楷書)」朱印記,単辺方形陽刻「大學校/圖書/之印」朱印記,単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり

集部別集類

〈王狀元集/百家注分類〉東坡先生詩 函架番号:404・62

王狀元集百家注分類東坡先生詩25卷

唐 大 13册

宋蘇軾撰 宋王十朋[編并]注
[南宋]刊([浙]) [室町]訓點補注書入 劉辰翁批點移寫本 堀杏庵 小嶋寶素 小嶋抱冲 昌平坂學問所等舊藏

新補淡茶色表紙(26.6×16.4cm) 左肩に茶色旧表紙に貼附と思しき「東坡先生詩 幾之幾(終)」と書せる題簽(破損,裏打ち修補)を貼附す 白紙,裏打ち改装,原紙高約24.7㎝
第5冊前,第6冊前,第8冊前,第13冊前後見返し新補,第13冊後見返し右下に「右百家註分類東坡詩宋版十三本/明治四十年十二月修褙改褾/(低8格)圖書寮」と墨書 第5冊前,第6冊前,第8冊前,第13冊前後副葉(旧見返し),補注書入あり
巻首「

王狀元集百家注分類東坡先生詩巻之一

/(低3格)〈前禮部尚書端明殿學士兼侍讀學士贈太師謚文忠公〉蘇〈軾〉/(低1格)紀行/(低2格)詩九十二首/(低3格)壬寅二月有 詔令郡吏(下略)」(巻5至8,20,24は首行「注」を「註」に作り,巻25は「分類」2字なし) 字下夾音(小字双行),句下夾注(同,注者名陰刻,「十朋」あり),毎篇改行 【第1冊】(巻1)26張,(巻2)第1至10,「又十」,11至19張,【第2冊】(巻3)25張,(巻4)第1至9,又5張(虫損),14至25張,【第3冊】(巻5)24張,(巻6)20張,【第4冊】(巻7)29張,(巻8)26張,【第5冊】(巻9)23張,(巻10)23張,【第6冊】(巻11)27張,(巻12)24張,【第7冊】(巻13)24張,(巻14)19張,【第8冊】(巻15)20張,(巻16)26張,【第9冊】(巻17)29張,(巻18)31張,【第10冊】(巻19)44張,【第11冊】(巻20)25張,(巻21)28張,【第12冊】(巻22)28張,(巻23)28張,【第13冊】(巻24)33張,(巻25)26張
左右双辺(20.5×12.8cm),有界,13行22字,小27字,欧陽詢体 (闕筆)玄絃泫弦舷眩弘泓殷慇匡筺桓徴搆慎(不厳) 双(或いは単)黒魚尾(対向,或いは向せず),上尾下に「寺幾」と題し張数,上辺字数
巻尾「王狀元集百家注分類東坡先生詩巻之幾」(巻6至8,24は「注」を「註」に作り,巻25「分類」2字なし)
[室町]の朱筆にて竪句読点,返り点,音訓送り仮名墨筆にて,返り点,音訓送り仮名,行間,欄外,稀に紙箋を貼附し補注(周密,筆跡4種)書入れ,別手墨筆にて劉辰翁批點を移写(巻首第3行「廬陵須溪劉〈辰翁〉批點」と,巻中には「批」と標す),縹色不審紙 巻3,6,9,12,15,18,20,23,25尾題下に「性之」と墨書(巻6,12,25は方形陰刻「壽本」朱印記を伴う),巻15尾題の後「

頤軒程承子家塾/(低4格)▪▪(墨滅)

」墨識あり 毎冊尾に方形陰刻「壽本」(尾題下,巻6・12・25は「性之」墨書に掛く),毎冊首に単辺円形陰刻不明朱印記,単辺方形陽刻「

平安堀氏/時習齋臧

」朱印記(堀杏庵),毎冊首に単辺方形陽刻「

小島氏/圖書記

」(大尾他にも), 首尾冊首に爵形陽刻「佞/宋」,巻2首に方形陰刻「尚質/私印」(大尾にも),単辺方形陽刻「豈待開巻□/撫弄亦欣然」,第1冊尾に方形陽陰刻「臣/尚質」,巻4首に単辺方形陽刻「葆素堂/臧驚/人祕笧」,大尾に同「學古氏」朱印記(以上7顆,小島宝素),第1冊尾に同「父子鐙/前共/讀書」朱印記(小島宝素,抱冲),巻4尾に方形陰刻「尚真/私印」朱印記(小島抱冲),毎冊尾に同「昌平坂/學問所」墨,無辺陽刻「嘉永壬子」朱印記(昌平坂学問所),毎冊首に双辺方形陽刻「淺草文庫(楷書)」朱印記,単辺方形陽刻「大學校/圖書/之印」朱印記,単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり

集部別集類

〈王狀元集/百家注分類〉東坡先生詩 函架番号:404・62

王狀元集百家注分類東坡先生詩25卷

唐 大 13册

宋蘇軾撰 宋王十朋[編并]注
[南宋]刊([浙]) [室町]訓點補注書入 劉辰翁批點移寫本 堀杏庵 小嶋寶素 小嶋抱冲 昌平坂學問所等舊藏

新補淡茶色表紙(26.6×16.4cm) 左肩に茶色旧表紙に貼附と思しき「東坡先生詩 幾之幾(終)」と書せる題簽(破損,裏打ち修補)を貼附す 白紙,裏打ち改装,原紙高約24.7㎝
第5冊前,第6冊前,第8冊前,第13冊前後見返し新補,第13冊後見返し右下に「右百家註分類東坡詩宋版十三本/明治四十年十二月修褙改褾/(低8格)圖書寮」と墨書 第5冊前,第6冊前,第8冊前,第13冊前後副葉(旧見返し),補注書入あり
巻首「

王狀元集百家注分類東坡先生詩巻之一

/(低3格)〈前禮部尚書端明殿學士兼侍讀學士贈太師謚文忠公〉蘇〈軾〉/(低1格)紀行/(低2格)詩九十二首/(低3格)壬寅二月有 詔令郡吏(下略)」(巻5至8,20,24は首行「注」を「註」に作り,巻25は「分類」2字なし) 字下夾音(小字双行),句下夾注(同,注者名陰刻,「十朋」あり),毎篇改行 【第1冊】(巻1)26張,(巻2)第1至10,「又十」,11至19張,【第2冊】(巻3)25張,(巻4)第1至9,又5張(虫損),14至25張,【第3冊】(巻5)24張,(巻6)20張,【第4冊】(巻7)29張,(巻8)26張,【第5冊】(巻9)23張,(巻10)23張,【第6冊】(巻11)27張,(巻12)24張,【第7冊】(巻13)24張,(巻14)19張,【第8冊】(巻15)20張,(巻16)26張,【第9冊】(巻17)29張,(巻18)31張,【第10冊】(巻19)44張,【第11冊】(巻20)25張,(巻21)28張,【第12冊】(巻22)28張,(巻23)28張,【第13冊】(巻24)33張,(巻25)26張
左右双辺(20.5×12.8cm),有界,13行22字,小27字,欧陽詢体 (闕筆)玄絃泫弦舷眩弘泓殷慇匡筺桓徴搆慎(不厳) 双(或いは単)黒魚尾(対向,或いは向せず),上尾下に「寺幾」と題し張数,上辺字数
巻尾「王狀元集百家注分類東坡先生詩巻之幾」(巻6至8,24は「注」を「註」に作り,巻25「分類」2字なし)
[室町]の朱筆にて竪句読点,返り点,音訓送り仮名墨筆にて,返り点,音訓送り仮名,行間,欄外,稀に紙箋を貼附し補注(周密,筆跡4種)書入れ,別手墨筆にて劉辰翁批點を移写(巻首第3行「廬陵須溪劉〈辰翁〉批點」と,巻中には「批」と標す),縹色不審紙 巻3,6,9,12,15,18,20,23,25尾題下に「性之」と墨書(巻6,12,25は方形陰刻「壽本」朱印記を伴う),巻15尾題の後「

頤軒程承子家塾/(低4格)▪▪(墨滅)

」墨識あり 毎冊尾に方形陰刻「壽本」(尾題下,巻6・12・25は「性之」墨書に掛く),毎冊首に単辺円形陰刻不明朱印記,単辺方形陽刻「

平安堀氏/時習齋臧

」朱印記(堀杏庵),毎冊首に単辺方形陽刻「

小島氏/圖書記

」(大尾他にも), 首尾冊首に爵形陽刻「佞/宋」,巻2首に方形陰刻「尚質/私印」(大尾にも),単辺方形陽刻「豈待開巻□/撫弄亦欣然」,第1冊尾に方形陽陰刻「臣/尚質」,巻4首に単辺方形陽刻「葆素堂/臧驚/人祕笧」,大尾に同「學古氏」朱印記(以上7顆,小島宝素),第1冊尾に同「父子鐙/前共/讀書」朱印記(小島宝素,抱冲),巻4尾に方形陰刻「尚真/私印」朱印記(小島抱冲),毎冊尾に同「昌平坂/學問所」墨,無辺陽刻「嘉永壬子」朱印記(昌平坂学問所),毎冊首に双辺方形陽刻「淺草文庫(楷書)」朱印記,単辺方形陽刻「大學校/圖書/之印」朱印記,単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり

全文影像


巻首

分類目録

最後まで表示する