子部類書類

四六發遣膏馥 函架番号:404・71

誠齋四六發遣膏馥

(或題梅亭四六發遣膏馥)

前集10卷 後集10卷 闕卷5 續集11卷 別集10卷

唐 大 8册

宋楊萬里李劉撰周公恕陳範編
[元末明初]刊([後修]) 前集 後集卷1至4 別集鈔配 毛利高標 紅葉山文庫舊藏

後補淡茶色表紙(24.9×16.1cm) 左肩に双辺刷枠題簽を貼布し「四六膏馥集[ ]乾(兌離震巽坎艮坤)」と書す,首冊右下方に附箋2片あり,「集百十二」墨書,「来后」朱書 竹紙,裏打修補(原紙高約24.4㎝),鈔配部は楮打紙
「四六膏馥者/誠齋 梅亭二先生之鉅筆也(中略)今將/先生平昔著述門分類聚以鋟/諸梓使人皆得見其全則殘膏/賸馥之所霑丐(中略)遂名其集曰四/六膏馥云旹淳祐戊申中元日/錢谿埜人序」 【第1冊】1張(鈔補) 淳祐8年(1248年),7行12字 「誠齋先生四六發遣膏馥目錄 前集(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 撰述/廬陵後學周 公恕 編類/建安三請余 卓 校刋」 4張(鈔補) 「誠齋先生四六發遣膏馥目録終(大字跨行)」
前集目録尾題後 低格 「今求到廬陵善本重加比校謄作大字/鼎新刋行兼發誠齋先生理海明珠文/海明珠新編書言故事收書 賢士伏/幸 炳鑒(行書)」記あり
「楊李二先生四六發遣膏馥目錄 續集(大字跨行)」 7張(鈔補) 「楊李二先生四六發遣膏馥目錄終(大字跨行)」
鈔配による続集目録尾題後 低格 「江西四六前有誠齋後有梅亭/二公語奇對的妙天下 衆口/孰不争先覩之今採二先生遺/藁灼於急用者綉木一新便於/同志披覧 續膏馥出售幸鑒(行書)」記あり
巻首「

誠齋四六發遣膏馥巻之一(隔3格)前集/

(大字跨行)/(以下低大5格)誠齋先生楊 萬里(隔3格)撰述/廬陵後學周 公恕(同)編類」 (巻1)10張,(巻2)7張,(巻3)7張,(巻4)8張,【第2冊】(巻5)6張,(巻6)6張,(巻7)5張,(巻8)6張,(巻9)8張並に巻10第1張前半(巻10)第1至4張(以上鈔補)
字面高約19.0cm,無界,14行23字格,1筆 白口,上方題「前幾」,下方張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾」
「誠齋先生四六發遣膏馥後集目録(大字跨行)/(以下低大8格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範(隔3格)季洪」 【第3冊】6張並に巻1第1張前半(鈔補) 尾題「誠齋四六發遣膏馥後集目録(大字跨行)」

誠齋四六發遣膏馥卷之一 後集/

(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範(隔3格)秀洪」(鈔補),「誠齋四六發遣膏馥巻之七(大字跨行)(隔4格)後集(墨囲陰刻)/(低大3格)褒人文」等 (巻1)第1至9張,(巻2)8張(第6張後半無文),(巻3)10張,(巻4)9,(以上鈔補),【第4冊】(巻6)9張(第1張前半闕),(巻7)第1(後半闕),2(前半闕)至9張(計8張),(巻8)7張,(巻9)5張,(巻10)5張
(巻7)左右双辺(或いは四周双辺)(19.1×12.3㎝)有界,14行23字格,柳公権体(爛柔) (巻7)小黒口,双黒魚尾(対向)間題「后复幾巳」等,張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾」
続集目 【第5冊】存第2至7張, 尾題「楊李二先生四六發遣膏馥目録終(大字跨行)」
続集目録尾題後 低格,双辺無界 「江西四六前有誠齋後有梅亭/二公語奇對的妙天下膾衆口/孰不争先覩之今採二先生遺/藁灼於急用者綉木一新便於/同志披覧以續膏馥出售幸鑒(行書)」記あり

誠齋四六發遣膏馥巻之一(大字跨行) 續集/

(墨囲陰刻)/(以下低大5格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/梅亭先生李 劉(隔3格)公甫/廬陵後學周 公恕(同)編類/(低半格)建安三請余 卓 校栞/(低5格)儒士頌德(大字跨行)」,巻7至8題「

梅亭四六發遣膏馥巻之幾/

(大字跨行)/(低大8格)臨川 李 劉 公甫」 低2格,(四字句)毎句隔2乃至3格,(長句)毎句或いは毎聯改行,後附出処等注記(墨囲或いは陰刻) (巻1)11張,(巻2)13張,(巻3)6張,(巻4)7張,(巻5)6張(第6張鈔補),【第6冊】(巻6)5張,(巻7)5張,(巻8)5張,(巻9)8張,(巻10)11張,(巻11)5張(第3張鈔補)
左右双辺(或いは四周双辺)(19.4×12.1cm)有界,14行23字格,柳公権体(爛柔) 小黒口,双黒魚尾(対向),上魚尾下題「續幾」,下魚尾上張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾(隔4格)續集(墨囲陰刻)」,「梅亭四六發遣膏馥巻之七」等
「誠齋四六發遣膏馥別集目録(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範 季洪」 【第7冊】9張(鈔補) 尾題「誠齋四六發遣膏馥別集目録終(大字跨行)」

誠齋四六發遣膏馥卷之一/

(大字跨行)/(以下低大8格)誠斎先生楊 万里 廷秀/廬陵後学陳 範 季洪」 (巻1)9張,(巻2)7張,(巻3)7張,(巻4)5張,(巻5)5張,【第8冊】(巻6)9張,(巻7)7張,(巻8)8張,(巻9)5張,(巻10)9張
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾[ ]別集(2字或いは闕く)」
前集,後集目録,巻1至5,続集巻5第6張,巻11第3張,別集[江戸前期]筆にて鈔補 稀に[室町]期筆の欄上校改書入,鈔補の一部に朱竪句点,傍圏書入,版本の各張右下に朱筆にて「後六ノ八張」等と丁合書入あり * 首に単辺方形陽刻「佐伯侯毛利/髙標字培松/臧書画之印」朱印記,毎冊首に同「祕閣圖/書之章」③,「祕閣/圖書/之章」①朱印記,同「宮内省/圖書印」朱印記を存す
遼寧省図書館に「誠齋四六發遣膏馥十巻 (宋)楊萬里撰 (宋)周公恕輯 宋淳祐八年建安余卓刻本」を蔵す,前集10巻に相当すると思われる,左右双辺,20×12.5cm,14行23字,印面は本書より精美か(『遼寧省図書館蔵古籍精品図録』に書影あり,ただし当該部分は本書では抄配),四庫全書存目叢書子部(第170冊)景印遼寧省図書館蔵本には本書前集目録尾題後に附す「今求到廬陵善本…」刊記は無い

子部類書類

四六發遣膏馥 函架番号:404・71

誠齋四六發遣膏馥

(或題梅亭四六發遣膏馥)

前集10卷 後集10卷 闕卷5 續集11卷 別集10卷

唐 大 8册

宋楊萬里李劉撰周公恕陳範編
[元末明初]刊([後修]) 前集 後集卷1至4 別集鈔配 毛利高標 紅葉山文庫舊藏

後補淡茶色表紙(24.9×16.1cm) 左肩に双辺刷枠題簽を貼布し「四六膏馥集[ ]乾(兌離震巽坎艮坤)」と書す,首冊右下方に附箋2片あり,「集百十二」墨書,「来后」朱書 竹紙,裏打修補(原紙高約24.4㎝),鈔配部は楮打紙
「四六膏馥者/誠齋 梅亭二先生之鉅筆也(中略)今將/先生平昔著述門分類聚以鋟/諸梓使人皆得見其全則殘膏/賸馥之所霑丐(中略)遂名其集曰四/六膏馥云旹淳祐戊申中元日/錢谿埜人序」 【第1冊】1張(鈔補) 淳祐8年(1248年),7行12字 「誠齋先生四六發遣膏馥目錄 前集(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 撰述/廬陵後學周 公恕 編類/建安三請余 卓 校刋」 4張(鈔補) 「誠齋先生四六發遣膏馥目録終(大字跨行)」
前集目録尾題後 低格 「今求到廬陵善本重加比校謄作大字/鼎新刋行兼發誠齋先生理海明珠文/海明珠新編書言故事收書 賢士伏/幸 炳鑒(行書)」記あり
「楊李二先生四六發遣膏馥目錄 續集(大字跨行)」 7張(鈔補) 「楊李二先生四六發遣膏馥目錄終(大字跨行)」
鈔配による続集目録尾題後 低格 「江西四六前有誠齋後有梅亭/二公語奇對的妙天下 衆口/孰不争先覩之今採二先生遺/藁灼於急用者綉木一新便於/同志披覧 續膏馥出售幸鑒(行書)」記あり
巻首「

誠齋四六發遣膏馥巻之一(隔3格)前集/

(大字跨行)/(以下低大5格)誠齋先生楊 萬里(隔3格)撰述/廬陵後學周 公恕(同)編類」 (巻1)10張,(巻2)7張,(巻3)7張,(巻4)8張,【第2冊】(巻5)6張,(巻6)6張,(巻7)5張,(巻8)6張,(巻9)8張並に巻10第1張前半(巻10)第1至4張(以上鈔補)
字面高約19.0cm,無界,14行23字格,1筆 白口,上方題「前幾」,下方張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾」
「誠齋先生四六發遣膏馥後集目録(大字跨行)/(以下低大8格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範(隔3格)季洪」 【第3冊】6張並に巻1第1張前半(鈔補) 尾題「誠齋四六發遣膏馥後集目録(大字跨行)」

誠齋四六發遣膏馥卷之一 後集/

(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範(隔3格)秀洪」(鈔補),「誠齋四六發遣膏馥巻之七(大字跨行)(隔4格)後集(墨囲陰刻)/(低大3格)褒人文」等 (巻1)第1至9張,(巻2)8張(第6張後半無文),(巻3)10張,(巻4)9,(以上鈔補),【第4冊】(巻6)9張(第1張前半闕),(巻7)第1(後半闕),2(前半闕)至9張(計8張),(巻8)7張,(巻9)5張,(巻10)5張
(巻7)左右双辺(或いは四周双辺)(19.1×12.3㎝)有界,14行23字格,柳公権体(爛柔) (巻7)小黒口,双黒魚尾(対向)間題「后复幾巳」等,張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾」
続集目 【第5冊】存第2至7張, 尾題「楊李二先生四六發遣膏馥目録終(大字跨行)」
続集目録尾題後 低格,双辺無界 「江西四六前有誠齋後有梅亭/二公語奇對的妙天下膾衆口/孰不争先覩之今採二先生遺/藁灼於急用者綉木一新便於/同志披覧以續膏馥出售幸鑒(行書)」記あり

誠齋四六發遣膏馥巻之一(大字跨行) 續集/

(墨囲陰刻)/(以下低大5格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/梅亭先生李 劉(隔3格)公甫/廬陵後學周 公恕(同)編類/(低半格)建安三請余 卓 校栞/(低5格)儒士頌德(大字跨行)」,巻7至8題「

梅亭四六發遣膏馥巻之幾/

(大字跨行)/(低大8格)臨川 李 劉 公甫」 低2格,(四字句)毎句隔2乃至3格,(長句)毎句或いは毎聯改行,後附出処等注記(墨囲或いは陰刻) (巻1)11張,(巻2)13張,(巻3)6張,(巻4)7張,(巻5)6張(第6張鈔補),【第6冊】(巻6)5張,(巻7)5張,(巻8)5張,(巻9)8張,(巻10)11張,(巻11)5張(第3張鈔補)
左右双辺(或いは四周双辺)(19.4×12.1cm)有界,14行23字格,柳公権体(爛柔) 小黒口,双黒魚尾(対向),上魚尾下題「續幾」,下魚尾上張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾(隔4格)續集(墨囲陰刻)」,「梅亭四六發遣膏馥巻之七」等
「誠齋四六發遣膏馥別集目録(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範 季洪」 【第7冊】9張(鈔補) 尾題「誠齋四六發遣膏馥別集目録終(大字跨行)」

誠齋四六發遣膏馥卷之一/

(大字跨行)/(以下低大8格)誠斎先生楊 万里 廷秀/廬陵後学陳 範 季洪」 (巻1)9張,(巻2)7張,(巻3)7張,(巻4)5張,(巻5)5張,【第8冊】(巻6)9張,(巻7)7張,(巻8)8張,(巻9)5張,(巻10)9張
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾[ ]別集(2字或いは闕く)」
前集,後集目録,巻1至5,続集巻5第6張,巻11第3張,別集[江戸前期]筆にて鈔補 稀に[室町]期筆の欄上校改書入,鈔補の一部に朱竪句点,傍圏書入,版本の各張右下に朱筆にて「後六ノ八張」等と丁合書入あり * 首に単辺方形陽刻「佐伯侯毛利/髙標字培松/臧書画之印」朱印記,毎冊首に同「祕閣圖/書之章」③,「祕閣/圖書/之章」①朱印記,同「宮内省/圖書印」朱印記を存す
遼寧省図書館に「誠齋四六發遣膏馥十巻 (宋)楊萬里撰 (宋)周公恕輯 宋淳祐八年建安余卓刻本」を蔵す,前集10巻に相当すると思われる,左右双辺,20×12.5cm,14行23字,印面は本書より精美か(『遼寧省図書館蔵古籍精品図録』に書影あり,ただし当該部分は本書では抄配),四庫全書存目叢書子部(第170冊)景印遼寧省図書館蔵本には本書前集目録尾題後に附す「今求到廬陵善本…」刊記は無い

子部類書類

四六發遣膏馥 函架番号:404・71

誠齋四六發遣膏馥

(或題梅亭四六發遣膏馥)

前集10卷 後集10卷 闕卷5 續集11卷 別集10卷

唐 大 8册

宋楊萬里李劉撰周公恕陳範編
[元末明初]刊([後修]) 前集 後集卷1至4 別集鈔配 毛利高標 紅葉山文庫舊藏

後補淡茶色表紙(24.9×16.1cm) 左肩に双辺刷枠題簽を貼布し「四六膏馥集[ ]乾(兌離震巽坎艮坤)」と書す,首冊右下方に附箋2片あり,「集百十二」墨書,「来后」朱書 竹紙,裏打修補(原紙高約24.4㎝),鈔配部は楮打紙
「四六膏馥者/誠齋 梅亭二先生之鉅筆也(中略)今將/先生平昔著述門分類聚以鋟/諸梓使人皆得見其全則殘膏/賸馥之所霑丐(中略)遂名其集曰四/六膏馥云旹淳祐戊申中元日/錢谿埜人序」 【第1冊】1張(鈔補) 淳祐8年(1248年),7行12字 「誠齋先生四六發遣膏馥目錄 前集(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 撰述/廬陵後學周 公恕 編類/建安三請余 卓 校刋」 4張(鈔補) 「誠齋先生四六發遣膏馥目録終(大字跨行)」
前集目録尾題後 低格 「今求到廬陵善本重加比校謄作大字/鼎新刋行兼發誠齋先生理海明珠文/海明珠新編書言故事收書 賢士伏/幸 炳鑒(行書)」記あり
「楊李二先生四六發遣膏馥目錄 續集(大字跨行)」 7張(鈔補) 「楊李二先生四六發遣膏馥目錄終(大字跨行)」
鈔配による続集目録尾題後 低格 「江西四六前有誠齋後有梅亭/二公語奇對的妙天下 衆口/孰不争先覩之今採二先生遺/藁灼於急用者綉木一新便於/同志披覧 續膏馥出售幸鑒(行書)」記あり
巻首「

誠齋四六發遣膏馥巻之一(隔3格)前集/

(大字跨行)/(以下低大5格)誠齋先生楊 萬里(隔3格)撰述/廬陵後學周 公恕(同)編類」 (巻1)10張,(巻2)7張,(巻3)7張,(巻4)8張,【第2冊】(巻5)6張,(巻6)6張,(巻7)5張,(巻8)6張,(巻9)8張並に巻10第1張前半(巻10)第1至4張(以上鈔補)
字面高約19.0cm,無界,14行23字格,1筆 白口,上方題「前幾」,下方張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾」
「誠齋先生四六發遣膏馥後集目録(大字跨行)/(以下低大8格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範(隔3格)季洪」 【第3冊】6張並に巻1第1張前半(鈔補) 尾題「誠齋四六發遣膏馥後集目録(大字跨行)」

誠齋四六發遣膏馥卷之一 後集/

(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範(隔3格)秀洪」(鈔補),「誠齋四六發遣膏馥巻之七(大字跨行)(隔4格)後集(墨囲陰刻)/(低大3格)褒人文」等 (巻1)第1至9張,(巻2)8張(第6張後半無文),(巻3)10張,(巻4)9,(以上鈔補),【第4冊】(巻6)9張(第1張前半闕),(巻7)第1(後半闕),2(前半闕)至9張(計8張),(巻8)7張,(巻9)5張,(巻10)5張
(巻7)左右双辺(或いは四周双辺)(19.1×12.3㎝)有界,14行23字格,柳公権体(爛柔) (巻7)小黒口,双黒魚尾(対向)間題「后复幾巳」等,張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾」
続集目 【第5冊】存第2至7張, 尾題「楊李二先生四六發遣膏馥目録終(大字跨行)」
続集目録尾題後 低格,双辺無界 「江西四六前有誠齋後有梅亭/二公語奇對的妙天下膾衆口/孰不争先覩之今採二先生遺/藁灼於急用者綉木一新便於/同志披覧以續膏馥出售幸鑒(行書)」記あり

誠齋四六發遣膏馥巻之一(大字跨行) 續集/

(墨囲陰刻)/(以下低大5格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/梅亭先生李 劉(隔3格)公甫/廬陵後學周 公恕(同)編類/(低半格)建安三請余 卓 校栞/(低5格)儒士頌德(大字跨行)」,巻7至8題「

梅亭四六發遣膏馥巻之幾/

(大字跨行)/(低大8格)臨川 李 劉 公甫」 低2格,(四字句)毎句隔2乃至3格,(長句)毎句或いは毎聯改行,後附出処等注記(墨囲或いは陰刻) (巻1)11張,(巻2)13張,(巻3)6張,(巻4)7張,(巻5)6張(第6張鈔補),【第6冊】(巻6)5張,(巻7)5張,(巻8)5張,(巻9)8張,(巻10)11張,(巻11)5張(第3張鈔補)
左右双辺(或いは四周双辺)(19.4×12.1cm)有界,14行23字格,柳公権体(爛柔) 小黒口,双黒魚尾(対向),上魚尾下題「續幾」,下魚尾上張数
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾(隔4格)續集(墨囲陰刻)」,「梅亭四六發遣膏馥巻之七」等
「誠齋四六發遣膏馥別集目録(大字跨行)/(以下低大7格)誠齋先生楊 萬里 廷秀/廬陵後學陳 範 季洪」 【第7冊】9張(鈔補) 尾題「誠齋四六發遣膏馥別集目録終(大字跨行)」

誠齋四六發遣膏馥卷之一/

(大字跨行)/(以下低大8格)誠斎先生楊 万里 廷秀/廬陵後学陳 範 季洪」 (巻1)9張,(巻2)7張,(巻3)7張,(巻4)5張,(巻5)5張,【第8冊】(巻6)9張,(巻7)7張,(巻8)8張,(巻9)5張,(巻10)9張
巻尾「誠齋四六發遣膏馥巻之幾[ ]別集(2字或いは闕く)」
前集,後集目録,巻1至5,続集巻5第6張,巻11第3張,別集[江戸前期]筆にて鈔補 稀に[室町]期筆の欄上校改書入,鈔補の一部に朱竪句点,傍圏書入,版本の各張右下に朱筆にて「後六ノ八張」等と丁合書入あり * 首に単辺方形陽刻「佐伯侯毛利/髙標字培松/臧書画之印」朱印記,毎冊首に同「祕閣圖/書之章」③,「祕閣/圖書/之章」①朱印記,同「宮内省/圖書印」朱印記を存す
遼寧省図書館に「誠齋四六發遣膏馥十巻 (宋)楊萬里撰 (宋)周公恕輯 宋淳祐八年建安余卓刻本」を蔵す,前集10巻に相当すると思われる,左右双辺,20×12.5cm,14行23字,印面は本書より精美か(『遼寧省図書館蔵古籍精品図録』に書影あり,ただし当該部分は本書では抄配),四庫全書存目叢書子部(第170冊)景印遼寧省図書館蔵本には本書前集目録尾題後に附す「今求到廬陵善本…」刊記は無い

全文影像


前集巻1首(鈔配)

分類目録

最後まで表示する