子部釋家類

佛海瞎堂禪師語錄 函架番号:556・63

佛海禪師語録

(尾題)

□卷 附靈隠佛海禪師入内陞座録1卷 存下

唐 大 2册

宋釋瞎堂[慧遠]撰釋祖淳等編釋[連雲]道能校
宋淳煕4年序刊([浙]) 伊勢国多氣郡上野御薗安養寺舊藏

後補茶色漉目艶出表紙(26.6×17.9㎝) 左肩に縹色題簽を貼布し「佛海瞎堂禅師録」と書し,その下別手にて「[ ]乾(坤)」と書す,右肩に打付にて「義」と書す 竹紙,裏打修補
「靈隠佛海禪師入 内陞座録/(低4格)侍者臣僧▪▪謹録」 【第1冊】4張
巻首「

佛海禪師小參普說

/(低9格)參學(隔3格)〈祖淳 法慧〉 編」 毎編改張,毎章改行,小題後改行し4格を低して篇目,次行より本文 (下)第1至43張(計43張),【第2冊】第44至67張(計24張)
左右双辺(17.3×10.9㎝)有界,11行20字,欧陽詢体 (闕筆)玄驚 白口,単黒魚尾下題「語録下」,下方張数,下辺工名 (工名)洪新
巻尾「

佛海禪師語録

」 尾題後,1行を隔し低1格「(上略)俊上/人縁檀者心槧版流通俾〈道能〉校定(中略)淳煕丙申中秋前/住紫籜法妷〈道能〉謹書」記
「靈隠佛海禪師語録序」 2張,「(中略)其徒道能録/其語来屬予爲序(中略)

淳煕四年上元後/一日姑蘓顔度書

(楷書)」 6行11字
拙庵徳光跋 1張,「(上略)俊/禪人刋此録貴使後/昆如觀大海而難爲/水也請予書卷末/住靈隠拙庵 〈徳光〉」 #,5行8字
([上或いは中])第38張(計1張)
巻尾「佛海禪師語録[終]」
巻[上或いは中]尾題より1行を隔し (低1格) 「小師比丘 〈師瑃 〉回施□(破損)伍拾貫文/守福州助教吉 〈珎 〉施□(破損)壹拾貫文」記あり
序跋のみ朱竪句点書入 首,巻首右辺外に「

伊勢国多氣郡上野御薗安養寺常住

」識語あり 毎冊首に単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり。

子部釋家類

佛海瞎堂禪師語錄 函架番号:556・63

佛海禪師語録

(尾題)

□卷 附靈隠佛海禪師入内陞座録1卷 存下

唐 大 2册

宋釋瞎堂[慧遠]撰釋祖淳等編釋[連雲]道能校
宋淳煕4年序刊([浙]) 伊勢国多氣郡上野御薗安養寺舊藏

後補茶色漉目艶出表紙(26.6×17.9㎝) 左肩に縹色題簽を貼布し「佛海瞎堂禅師録」と書し,その下別手にて「[ ]乾(坤)」と書す,右肩に打付にて「義」と書す 竹紙,裏打修補
「靈隠佛海禪師入 内陞座録/(低4格)侍者臣僧▪▪謹録」 【第1冊】4張
巻首「

佛海禪師小參普說

/(低9格)參學(隔3格)〈祖淳 法慧〉 編」 毎編改張,毎章改行,小題後改行し4格を低して篇目,次行より本文 (下)第1至43張(計43張),【第2冊】第44至67張(計24張)
左右双辺(17.3×10.9㎝)有界,11行20字,欧陽詢体 (闕筆)玄驚 白口,単黒魚尾下題「語録下」,下方張数,下辺工名 (工名)洪新
巻尾「

佛海禪師語録

」 尾題後,1行を隔し低1格「(上略)俊上/人縁檀者心槧版流通俾〈道能〉校定(中略)淳煕丙申中秋前/住紫籜法妷〈道能〉謹書」記
「靈隠佛海禪師語録序」 2張,「(中略)其徒道能録/其語来屬予爲序(中略)

淳煕四年上元後/一日姑蘓顔度書

(楷書)」 6行11字
拙庵徳光跋 1張,「(上略)俊/禪人刋此録貴使後/昆如觀大海而難爲/水也請予書卷末/住靈隠拙庵 〈徳光〉」 #,5行8字
([上或いは中])第38張(計1張)
巻尾「佛海禪師語録[終]」
巻[上或いは中]尾題より1行を隔し (低1格) 「小師比丘 〈師瑃 〉回施□(破損)伍拾貫文/守福州助教吉 〈珎 〉施□(破損)壹拾貫文」記あり
序跋のみ朱竪句点書入 首,巻首右辺外に「

伊勢国多氣郡上野御薗安養寺常住

」識語あり 毎冊首に単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり。

子部釋家類

佛海瞎堂禪師語錄 函架番号:556・63

佛海禪師語録

(尾題)

□卷 附靈隠佛海禪師入内陞座録1卷 存下

唐 大 2册

宋釋瞎堂[慧遠]撰釋祖淳等編釋[連雲]道能校
宋淳煕4年序刊([浙]) 伊勢国多氣郡上野御薗安養寺舊藏

後補茶色漉目艶出表紙(26.6×17.9㎝) 左肩に縹色題簽を貼布し「佛海瞎堂禅師録」と書し,その下別手にて「[ ]乾(坤)」と書す,右肩に打付にて「義」と書す 竹紙,裏打修補
「靈隠佛海禪師入 内陞座録/(低4格)侍者臣僧▪▪謹録」 【第1冊】4張
巻首「

佛海禪師小參普說

/(低9格)參學(隔3格)〈祖淳 法慧〉 編」 毎編改張,毎章改行,小題後改行し4格を低して篇目,次行より本文 (下)第1至43張(計43張),【第2冊】第44至67張(計24張)
左右双辺(17.3×10.9㎝)有界,11行20字,欧陽詢体 (闕筆)玄驚 白口,単黒魚尾下題「語録下」,下方張数,下辺工名 (工名)洪新
巻尾「

佛海禪師語録

」 尾題後,1行を隔し低1格「(上略)俊上/人縁檀者心槧版流通俾〈道能〉校定(中略)淳煕丙申中秋前/住紫籜法妷〈道能〉謹書」記
「靈隠佛海禪師語録序」 2張,「(中略)其徒道能録/其語来屬予爲序(中略)

淳煕四年上元後/一日姑蘓顔度書

(楷書)」 6行11字
拙庵徳光跋 1張,「(上略)俊/禪人刋此録貴使後/昆如觀大海而難爲/水也請予書卷末/住靈隠拙庵 〈徳光〉」 #,5行8字
([上或いは中])第38張(計1張)
巻尾「佛海禪師語録[終]」
巻[上或いは中]尾題より1行を隔し (低1格) 「小師比丘 〈師瑃 〉回施□(破損)伍拾貫文/守福州助教吉 〈珎 〉施□(破損)壹拾貫文」記あり
序跋のみ朱竪句点書入 首,巻首右辺外に「

伊勢国多氣郡上野御薗安養寺常住

」識語あり 毎冊首に単辺方形陽刻「帝室/圖書/之章」⑤朱印記あり。

全文影像


巻首,安養寺識語

分類目録

最後まで表示する