子部釋家類

勝鬘寶窟 函架番号:512・18

勝鬘寶屈

(尾題)

存卷上

和 大 1帖

[隋釋吉藏]撰
[平安]冩 唐弘道2年原識語 天長2年釋円行傳領識語

古茶色裂貼り新補板表紙(27.8×11.2㎝) 中央に金地題簽を貼附し「勝鬘寶屈巻上〈弘道二年正月/ 王壊章 進〉」と書す 折本,巻子装を改む,毎紙約55.5㎝(第1紙42.3㎝,第26紙53.5㎝,第30紙47.3㎝),毎面6行折 穀紙,裏打修補
金銀切箔砂子芒散 後副葉,68.7㎝
巻首

首闕

,「云捨无常色獲得常色地論云如来相好荘嚴為實/報身」以下 毎章隔数格,或いは改行 【第1軸】30紙(147面)
淡墨界(界高約21.7㎝,界幅約1.8㎝),毎紙30行20字内外
巻尾「

勝鬘寶屈巻上


尾題より隔2行,低3格 本文別筆にて 「

弘道二年正月[ ]王壊章[ ]進

」識語
本文同墨擦消し校改,行間校注書入 王壊章識語より4行を隔て更に1格を低し,又別筆にて「

天長二年二月[ ]円行[ ]傳領

」と朱書す 後副葉首に新筆にて「 奥書/朱書 天長二年二月 圓行云〻/(以下低1格)可惜装工杜撰謬〈テ〉流失〈ス〉遺憾〈々々〉今幸/朱蹟幽〈ニ〉殘〈ルヲ〉以〈テ〉考証〈トス〉」と書す 首に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記を存す

子部釋家類

勝鬘寶窟 函架番号:512・18

勝鬘寶屈

(尾題)

存卷上

和 大 1帖

[隋釋吉藏]撰
[平安]冩 唐弘道2年原識語 天長2年釋円行傳領識語

古茶色裂貼り新補板表紙(27.8×11.2㎝) 中央に金地題簽を貼附し「勝鬘寶屈巻上〈弘道二年正月/ 王壊章 進〉」と書す 折本,巻子装を改む,毎紙約55.5㎝(第1紙42.3㎝,第26紙53.5㎝,第30紙47.3㎝),毎面6行折 穀紙,裏打修補
金銀切箔砂子芒散 後副葉,68.7㎝
巻首

首闕

,「云捨无常色獲得常色地論云如来相好荘嚴為實/報身」以下 毎章隔数格,或いは改行 【第1軸】30紙(147面)
淡墨界(界高約21.7㎝,界幅約1.8㎝),毎紙30行20字内外
巻尾「

勝鬘寶屈巻上


尾題より隔2行,低3格 本文別筆にて 「

弘道二年正月[ ]王壊章[ ]進

」識語
本文同墨擦消し校改,行間校注書入 王壊章識語より4行を隔て更に1格を低し,又別筆にて「

天長二年二月[ ]円行[ ]傳領

」と朱書す 後副葉首に新筆にて「 奥書/朱書 天長二年二月 圓行云〻/(以下低1格)可惜装工杜撰謬〈テ〉流失〈ス〉遺憾〈々々〉今幸/朱蹟幽〈ニ〉殘〈ルヲ〉以〈テ〉考証〈トス〉」と書す 首に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記を存す

子部釋家類

勝鬘寶窟 函架番号:512・18

勝鬘寶屈

(尾題)

存卷上

和 大 1帖

[隋釋吉藏]撰
[平安]冩 唐弘道2年原識語 天長2年釋円行傳領識語

古茶色裂貼り新補板表紙(27.8×11.2㎝) 中央に金地題簽を貼附し「勝鬘寶屈巻上〈弘道二年正月/ 王壊章 進〉」と書す 折本,巻子装を改む,毎紙約55.5㎝(第1紙42.3㎝,第26紙53.5㎝,第30紙47.3㎝),毎面6行折 穀紙,裏打修補
金銀切箔砂子芒散 後副葉,68.7㎝
巻首

首闕

,「云捨无常色獲得常色地論云如来相好荘嚴為實/報身」以下 毎章隔数格,或いは改行 【第1軸】30紙(147面)
淡墨界(界高約21.7㎝,界幅約1.8㎝),毎紙30行20字内外
巻尾「

勝鬘寶屈巻上


尾題より隔2行,低3格 本文別筆にて 「

弘道二年正月[ ]王壊章[ ]進

」識語
本文同墨擦消し校改,行間校注書入 王壊章識語より4行を隔て更に1格を低し,又別筆にて「

天長二年二月[ ]円行[ ]傳領

」と朱書す 後副葉首に新筆にて「 奥書/朱書 天長二年二月 圓行云〻/(以下低1格)可惜装工杜撰謬〈テ〉流失〈ス〉遺憾〈々々〉今幸/朱蹟幽〈ニ〉殘〈ルヲ〉以〈テ〉考証〈トス〉」と書す 首に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記を存す

全文影像


分類目録

最後まで表示する