子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・17

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷350 初分相引攝品苐六十之二

和 大 1帖

[唐]釋玄奘奉詔譯
[奈良]寫

後補渋引表紙(23.5×7.7㎝) 表紙中央に白色題簽を貼布し「大般若經巻第三百五十」と書す 折本,巻子装を改む,毎紙幅約57.1㎝(第1紙52.3,第15紙18.9㎝),毎4行折,別に幅約11.3㎝,又約8.5㎝の折痕あり 黄檗染雲母引楮紙
巻首「

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十

/初分相引攝品苐六十之二(隔3格)〈三蔵法師玄奘奉 詔譯〉/具壽善現復白佛言世尊云何菩薩摩訶薩/安住静慮波羅蜜多引攝安忍波羅蜜多」以下 【第1帖】(巻350)15紙
淡墨界(界高約19.5㎝,界幅約2.0㎝),毎紙30行17字(不斉),1筆
巻尾「/

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十


稀に本文別筆校注書入 単辺方形陽刻「御府/圖書」朱印記

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・17

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷350 初分相引攝品苐六十之二

和 大 1帖

[唐]釋玄奘奉詔譯
[奈良]寫

後補渋引表紙(23.5×7.7㎝) 表紙中央に白色題簽を貼布し「大般若經巻第三百五十」と書す 折本,巻子装を改む,毎紙幅約57.1㎝(第1紙52.3,第15紙18.9㎝),毎4行折,別に幅約11.3㎝,又約8.5㎝の折痕あり 黄檗染雲母引楮紙
巻首「

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十

/初分相引攝品苐六十之二(隔3格)〈三蔵法師玄奘奉 詔譯〉/具壽善現復白佛言世尊云何菩薩摩訶薩/安住静慮波羅蜜多引攝安忍波羅蜜多」以下 【第1帖】(巻350)15紙
淡墨界(界高約19.5㎝,界幅約2.0㎝),毎紙30行17字(不斉),1筆
巻尾「/

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十


稀に本文別筆校注書入 単辺方形陽刻「御府/圖書」朱印記

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・17

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷350 初分相引攝品苐六十之二

和 大 1帖

[唐]釋玄奘奉詔譯
[奈良]寫

後補渋引表紙(23.5×7.7㎝) 表紙中央に白色題簽を貼布し「大般若經巻第三百五十」と書す 折本,巻子装を改む,毎紙幅約57.1㎝(第1紙52.3,第15紙18.9㎝),毎4行折,別に幅約11.3㎝,又約8.5㎝の折痕あり 黄檗染雲母引楮紙
巻首「

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十

/初分相引攝品苐六十之二(隔3格)〈三蔵法師玄奘奉 詔譯〉/具壽善現復白佛言世尊云何菩薩摩訶薩/安住静慮波羅蜜多引攝安忍波羅蜜多」以下 【第1帖】(巻350)15紙
淡墨界(界高約19.5㎝,界幅約2.0㎝),毎紙30行17字(不斉),1筆
巻尾「/

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十


稀に本文別筆校注書入 単辺方形陽刻「御府/圖書」朱印記

全文影像


巻首

分類目録

最後まで表示する