子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・19

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷355 初分多問不二品苐六十一之五

和 大 1帖

[唐]釋玄奘奉詔譯
天平勝寶6年寫(錦織麻呂)

後補黄色地金襴緑糸飛龍巻雲文緞子表紙(26.3×7.4㎝) 折本,巻子装を改む,原紙高約25.6㎝,毎紙幅約57.4㎝(第11至14紙約55.8㎝,第1紙53.2㎝,第15紙20.1㎝),毎4行折 茶色染楮紙
花菱文金箔押し 前後に後補副葉(幅前16.2㎝,後7.8㎝)
巻首「

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十五

/初分多問不二品苐六十一之五(隔3格)〈三蔵法師玄奘奉 詔〉譯/善現菩薩摩訶薩行深般若波羅蜜多時不」以下 毎章改行 【第1帖】(巻355)15紙
淡墨界(界高約19.9㎝,界幅1.8㎝),毎紙32行(第11至14紙31行)17字,1筆
巻尾「/大般若波羅蜜多經巻苐三百五十五」
尾題後隔2行 低9格,本文同筆にて 「〈

天平勝寶六年《歳次/甲午》九月廿三日/錦織君《麻呂》為父母奉寫大般/若經一巻

〉」識語あり
間〻朱句点,稀に墨音仮名,声圏書入を存す 書寫識語末行下,別筆にて「一挍了」,又別筆にて「重挍〈了〉」と書す 首に単辺方形陽刻「御府/圖書」朱印記

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・19

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷355 初分多問不二品苐六十一之五

和 大 1帖

[唐]釋玄奘奉詔譯
天平勝寶6年寫(錦織麻呂)

後補黄色地金襴緑糸飛龍巻雲文緞子表紙(26.3×7.4㎝) 折本,巻子装を改む,原紙高約25.6㎝,毎紙幅約57.4㎝(第11至14紙約55.8㎝,第1紙53.2㎝,第15紙20.1㎝),毎4行折 茶色染楮紙
花菱文金箔押し 前後に後補副葉(幅前16.2㎝,後7.8㎝)
巻首「

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十五

/初分多問不二品苐六十一之五(隔3格)〈三蔵法師玄奘奉 詔〉譯/善現菩薩摩訶薩行深般若波羅蜜多時不」以下 毎章改行 【第1帖】(巻355)15紙
淡墨界(界高約19.9㎝,界幅1.8㎝),毎紙32行(第11至14紙31行)17字,1筆
巻尾「/大般若波羅蜜多經巻苐三百五十五」
尾題後隔2行 低9格,本文同筆にて 「〈

天平勝寶六年《歳次/甲午》九月廿三日/錦織君《麻呂》為父母奉寫大般/若經一巻

〉」識語あり
間〻朱句点,稀に墨音仮名,声圏書入を存す 書寫識語末行下,別筆にて「一挍了」,又別筆にて「重挍〈了〉」と書す 首に単辺方形陽刻「御府/圖書」朱印記

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・19

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷355 初分多問不二品苐六十一之五

和 大 1帖

[唐]釋玄奘奉詔譯
天平勝寶6年寫(錦織麻呂)

後補黄色地金襴緑糸飛龍巻雲文緞子表紙(26.3×7.4㎝) 折本,巻子装を改む,原紙高約25.6㎝,毎紙幅約57.4㎝(第11至14紙約55.8㎝,第1紙53.2㎝,第15紙20.1㎝),毎4行折 茶色染楮紙
花菱文金箔押し 前後に後補副葉(幅前16.2㎝,後7.8㎝)
巻首「

大般若波羅蜜多經巻苐三百五十五

/初分多問不二品苐六十一之五(隔3格)〈三蔵法師玄奘奉 詔〉譯/善現菩薩摩訶薩行深般若波羅蜜多時不」以下 毎章改行 【第1帖】(巻355)15紙
淡墨界(界高約19.9㎝,界幅1.8㎝),毎紙32行(第11至14紙31行)17字,1筆
巻尾「/大般若波羅蜜多經巻苐三百五十五」
尾題後隔2行 低9格,本文同筆にて 「〈

天平勝寶六年《歳次/甲午》九月廿三日/錦織君《麻呂》為父母奉寫大般/若經一巻

〉」識語あり
間〻朱句点,稀に墨音仮名,声圏書入を存す 書寫識語末行下,別筆にて「一挍了」,又別筆にて「重挍〈了〉」と書す 首に単辺方形陽刻「御府/圖書」朱印記

全文影像


巻首

分類目録

最後まで表示する