子部釋家類

根本說一切有部毗奈耶雜事 函架番号:512・41

根本說一切有部毗柰[耶]雜事[40]卷 存卷21

和 大 1軸

唐義淨奉制譯
[平安]寫法隆寺一切經本 天平2年泰澄書寫識語妄補

後補香色絹表紙(25.3×30.1㎝,当部蔵書票貼附) 剥離した旧裏打紙(新旧2種)を当部新補紙軸に巻く,26紙 楮紙,以上別添 新補香色絹表紙(25.4×25.6㎝) 巻子装,毎紙幅約52.6㎝(第1紙49.4㎝,第17紙47.5㎝),後補象牙軸 本文黄檗染楮紙
第1,2紙間に幅1.2㎝の後補副葉を夾む
巻首「/

根本說一切有部毗柰雜事巻苐廿一

〈三蔵法師義浄奉制譯〉/内攝頌曰/猛光侍縛迦金光㗨羅鉢那剌陀得果妙髮鉢持油/尒時猛光王默自思念」 【第1軸】(巻21)17紙
淡墨界(界高約20.5㎝,界幅約2.0㎝,第17紙のみ界高約22.1,界幅約2.1㎝),毎紙26行,毎行17字,1筆
巻尾本文末より隔1行「根本說一切有部毗柰耶雜事卷苐二十一」
尾題後隔1行(第17紙) 低4格,本文別手後筆にて 「

天平二年庚午六月七日為/上酬慈蔭下救衆生謹書寫畢/(更低10格)泰澄

」識語妄補
後補後副葉,幅10.0㎝
* * 見返し右肩に金揉箔散「越大徳泰澄茟〈天平二年/七月七日書〉」極札を貼す 紙背に単辺方形陽刻「法隆寺/一切經(楷書)」墨縫印記(第2紙首左半闕),後補表紙見返し左肩に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記あり

子部釋家類

根本說一切有部毗奈耶雜事 函架番号:512・41

根本說一切有部毗柰[耶]雜事[40]卷 存卷21

和 大 1軸

唐義淨奉制譯
[平安]寫法隆寺一切經本 天平2年泰澄書寫識語妄補

後補香色絹表紙(25.3×30.1㎝,当部蔵書票貼附) 剥離した旧裏打紙(新旧2種)を当部新補紙軸に巻く,26紙 楮紙,以上別添 新補香色絹表紙(25.4×25.6㎝) 巻子装,毎紙幅約52.6㎝(第1紙49.4㎝,第17紙47.5㎝),後補象牙軸 本文黄檗染楮紙
第1,2紙間に幅1.2㎝の後補副葉を夾む
巻首「/

根本說一切有部毗柰雜事巻苐廿一

〈三蔵法師義浄奉制譯〉/内攝頌曰/猛光侍縛迦金光㗨羅鉢那剌陀得果妙髮鉢持油/尒時猛光王默自思念」 【第1軸】(巻21)17紙
淡墨界(界高約20.5㎝,界幅約2.0㎝,第17紙のみ界高約22.1,界幅約2.1㎝),毎紙26行,毎行17字,1筆
巻尾本文末より隔1行「根本說一切有部毗柰耶雜事卷苐二十一」
尾題後隔1行(第17紙) 低4格,本文別手後筆にて 「

天平二年庚午六月七日為/上酬慈蔭下救衆生謹書寫畢/(更低10格)泰澄

」識語妄補
後補後副葉,幅10.0㎝
* * 見返し右肩に金揉箔散「越大徳泰澄茟〈天平二年/七月七日書〉」極札を貼す 紙背に単辺方形陽刻「法隆寺/一切經(楷書)」墨縫印記(第2紙首左半闕),後補表紙見返し左肩に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記あり

子部釋家類

根本說一切有部毗奈耶雜事 函架番号:512・41

根本說一切有部毗柰[耶]雜事[40]卷 存卷21

和 大 1軸

唐義淨奉制譯
[平安]寫法隆寺一切經本 天平2年泰澄書寫識語妄補

後補香色絹表紙(25.3×30.1㎝,当部蔵書票貼附) 剥離した旧裏打紙(新旧2種)を当部新補紙軸に巻く,26紙 楮紙,以上別添 新補香色絹表紙(25.4×25.6㎝) 巻子装,毎紙幅約52.6㎝(第1紙49.4㎝,第17紙47.5㎝),後補象牙軸 本文黄檗染楮紙
第1,2紙間に幅1.2㎝の後補副葉を夾む
巻首「/

根本說一切有部毗柰雜事巻苐廿一

〈三蔵法師義浄奉制譯〉/内攝頌曰/猛光侍縛迦金光㗨羅鉢那剌陀得果妙髮鉢持油/尒時猛光王默自思念」 【第1軸】(巻21)17紙
淡墨界(界高約20.5㎝,界幅約2.0㎝,第17紙のみ界高約22.1,界幅約2.1㎝),毎紙26行,毎行17字,1筆
巻尾本文末より隔1行「根本說一切有部毗柰耶雜事卷苐二十一」
尾題後隔1行(第17紙) 低4格,本文別手後筆にて 「

天平二年庚午六月七日為/上酬慈蔭下救衆生謹書寫畢/(更低10格)泰澄

」識語妄補
後補後副葉,幅10.0㎝
* * 見返し右肩に金揉箔散「越大徳泰澄茟〈天平二年/七月七日書〉」極札を貼す 紙背に単辺方形陽刻「法隆寺/一切經(楷書)」墨縫印記(第2紙首左半闕),後補表紙見返し左肩に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記あり

全文影像


巻首

分類目録

最後まで表示する