子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・52

大般若波羅密多經[600]卷 存卷575 苐七曼殊室利分之二

和 大 1軸

[唐]釋玄奘奉詔譯
[奈良]冩

後補香色絹茶色縁取表紙(24.6×16.2㎝) 左肩打付に「大般若波羅蜜多經巻五百七十五」と書す 巻子装,毎紙幅約57.3㎝(第1,4,6,8至12紙約54.4㎝,第13至14,16紙約55.8㎝,第7紙52.6㎝,第15紙53.2㎝,第17紙7.5㎝),後補素絹貼り木軸 茶色染楮紙,裏打修補
金揉箔散し
巻首「/

大般若波羅蜜多經巻苐五百七十五

/苐七曼殊室利分之二(隔3格)三蔵法師玄奘奉 詔譯〉/尒時舎利子白佛言世尊曼殊室利不可思/議所以者何」以下 毎章改行 【第1軸】(巻575)17紙
淡墨界(界高約21.6㎝,界幅約2.0㎝),毎紙27至28行17字,1筆
巻尾「/

大般若波羅蜜多經巻苐五百七十五


極稀に墨筆送仮名書入 首に単辺方形陽刻不明暗朱印記,同「御府/圖書」朱印記,背面に単辺円形「(花弁中陰刻)正」墨縫印記を存す

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・52

大般若波羅密多經[600]卷 存卷575 苐七曼殊室利分之二

和 大 1軸

[唐]釋玄奘奉詔譯
[奈良]冩

後補香色絹茶色縁取表紙(24.6×16.2㎝) 左肩打付に「大般若波羅蜜多經巻五百七十五」と書す 巻子装,毎紙幅約57.3㎝(第1,4,6,8至12紙約54.4㎝,第13至14,16紙約55.8㎝,第7紙52.6㎝,第15紙53.2㎝,第17紙7.5㎝),後補素絹貼り木軸 茶色染楮紙,裏打修補
金揉箔散し
巻首「/

大般若波羅蜜多經巻苐五百七十五

/苐七曼殊室利分之二(隔3格)三蔵法師玄奘奉 詔譯〉/尒時舎利子白佛言世尊曼殊室利不可思/議所以者何」以下 毎章改行 【第1軸】(巻575)17紙
淡墨界(界高約21.6㎝,界幅約2.0㎝),毎紙27至28行17字,1筆
巻尾「/

大般若波羅蜜多經巻苐五百七十五


極稀に墨筆送仮名書入 首に単辺方形陽刻不明暗朱印記,同「御府/圖書」朱印記,背面に単辺円形「(花弁中陰刻)正」墨縫印記を存す

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・52

大般若波羅密多經[600]卷 存卷575 苐七曼殊室利分之二

和 大 1軸

[唐]釋玄奘奉詔譯
[奈良]冩

後補香色絹茶色縁取表紙(24.6×16.2㎝) 左肩打付に「大般若波羅蜜多經巻五百七十五」と書す 巻子装,毎紙幅約57.3㎝(第1,4,6,8至12紙約54.4㎝,第13至14,16紙約55.8㎝,第7紙52.6㎝,第15紙53.2㎝,第17紙7.5㎝),後補素絹貼り木軸 茶色染楮紙,裏打修補
金揉箔散し
巻首「/

大般若波羅蜜多經巻苐五百七十五

/苐七曼殊室利分之二(隔3格)三蔵法師玄奘奉 詔譯〉/尒時舎利子白佛言世尊曼殊室利不可思/議所以者何」以下 毎章改行 【第1軸】(巻575)17紙
淡墨界(界高約21.6㎝,界幅約2.0㎝),毎紙27至28行17字,1筆
巻尾「/

大般若波羅蜜多經巻苐五百七十五


極稀に墨筆送仮名書入 首に単辺方形陽刻不明暗朱印記,同「御府/圖書」朱印記,背面に単辺円形「(花弁中陰刻)正」墨縫印記を存す

全文影像


巻首

分類目録

最後まで表示する