子部釋家類

瑜伽師地論 函架番号:512・58

瑜伽師地論[100]卷 存卷1 夲地分中五識身相應地苐一

和 大 1軸

[唐]釋玄奘奉制譯
[奈良]寫 藤原光明子舊藏 内閣記錄局蒐集

後補藍色金泥花卉文艶出表紙(25.4×23.2㎝) 左肩打付に金銀揉箔散し題簽を貼布するも上半を闕く 巻子装,毎紙幅約39.7㎝(第1紙7.5㎝,第9紙8.7㎝,第10紙31.1㎝,第18紙25.0㎝) 黄檗染楮紙,一部破損修補
金切箔,銀砂子散し 前後に新補副葉(前幅19.7㎝,,後幅14.2㎝),第9,10紙間に副葉(幅3.9㎝)
序 【第1軸】第1至4紙,首闕,「(上略)/皇太子臣治述 聖記/(下略)」 李治
巻首序後接行「

瑜伽師地論巻苐一

〈弥勒菩薩 沙門玄奘奉 制譯〉/夲地分中五識身相應地苐一/云何瑜伽師地謂十七地」,至「如是類/種子過患應知//」,尾闕 毎章改行 (巻1)第4至18紙
淡墨界(界高約20.3㎝, 幅約1.6㎝),毎紙24行17字,1筆
後半に白筆訓点書入あり 第1,2紙継目に単辺楕円形陽刻「

内家/私印

」左傾縫朱印記(光明皇后),前副葉に同「宮内省/圖書印」①朱印記を存す

子部釋家類

瑜伽師地論 函架番号:512・58

瑜伽師地論[100]卷 存卷1 夲地分中五識身相應地苐一

和 大 1軸

[唐]釋玄奘奉制譯
[奈良]寫 藤原光明子舊藏 内閣記錄局蒐集

後補藍色金泥花卉文艶出表紙(25.4×23.2㎝) 左肩打付に金銀揉箔散し題簽を貼布するも上半を闕く 巻子装,毎紙幅約39.7㎝(第1紙7.5㎝,第9紙8.7㎝,第10紙31.1㎝,第18紙25.0㎝) 黄檗染楮紙,一部破損修補
金切箔,銀砂子散し 前後に新補副葉(前幅19.7㎝,,後幅14.2㎝),第9,10紙間に副葉(幅3.9㎝)
序 【第1軸】第1至4紙,首闕,「(上略)/皇太子臣治述 聖記/(下略)」 李治
巻首序後接行「

瑜伽師地論巻苐一

〈弥勒菩薩 沙門玄奘奉 制譯〉/夲地分中五識身相應地苐一/云何瑜伽師地謂十七地」,至「如是類/種子過患應知//」,尾闕 毎章改行 (巻1)第4至18紙
淡墨界(界高約20.3㎝, 幅約1.6㎝),毎紙24行17字,1筆
後半に白筆訓点書入あり 第1,2紙継目に単辺楕円形陽刻「

内家/私印

」左傾縫朱印記(光明皇后),前副葉に同「宮内省/圖書印」①朱印記を存す

子部釋家類

瑜伽師地論 函架番号:512・58

瑜伽師地論[100]卷 存卷1 夲地分中五識身相應地苐一

和 大 1軸

[唐]釋玄奘奉制譯
[奈良]寫 藤原光明子舊藏 内閣記錄局蒐集

後補藍色金泥花卉文艶出表紙(25.4×23.2㎝) 左肩打付に金銀揉箔散し題簽を貼布するも上半を闕く 巻子装,毎紙幅約39.7㎝(第1紙7.5㎝,第9紙8.7㎝,第10紙31.1㎝,第18紙25.0㎝) 黄檗染楮紙,一部破損修補
金切箔,銀砂子散し 前後に新補副葉(前幅19.7㎝,,後幅14.2㎝),第9,10紙間に副葉(幅3.9㎝)
序 【第1軸】第1至4紙,首闕,「(上略)/皇太子臣治述 聖記/(下略)」 李治
巻首序後接行「

瑜伽師地論巻苐一

〈弥勒菩薩 沙門玄奘奉 制譯〉/夲地分中五識身相應地苐一/云何瑜伽師地謂十七地」,至「如是類/種子過患應知//」,尾闕 毎章改行 (巻1)第4至18紙
淡墨界(界高約20.3㎝, 幅約1.6㎝),毎紙24行17字,1筆
後半に白筆訓点書入あり 第1,2紙継目に単辺楕円形陽刻「

内家/私印

」左傾縫朱印記(光明皇后),前副葉に同「宮内省/圖書印」①朱印記を存す

全文影像


分類目録

最後まで表示する