子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・115

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷493 496至497 540 578

唐 大 5帖

唐釋玄奘奉詔譯
[紹定3至淳煕2年]刊(趙安國施[平江府磧砂延聖院])[磧砂藏]本 卷540 578配[宋]刊[圓覺]藏本 [西大寺]舊藏

新補淡茶色絹表紙(28.7×11.3㎝,第2至3帖29.6×11.3㎝) 中央に素絹題簽を貼布し「大般若波羅蜜多経〈巻苐幾(/首缺)〉」と書す 折本,毎張1紙 竹紙,裏打修補
巻首首([第三分善現品第三之十二])闕,「//

假設是真是實有常有恒無變無易有實性/者

」以下,第2帖首([第三分善現品第三之十五])闕,「//處不可得聲處於色香味觸法處亦不可得/」以下,第3帖首([第三分善現品第三之十六])闕,「訶薩名亦復如是唯客所攝由斯故說諸菩/薩」以下 【第1帖】(巻493)第2至15張(計14張,尾1面闕),【第2帖】(巻496)第[11]至16張(計6張,首3面闕),【第3帖】(巻497)第5至11,15張首(計8張,首1面闕)
天地有界(界高約24.0㎝,幅約10.0㎝),毎張5面30行,毎行17字,欧陽詢体 奇数張第1至2面間,偶数張第2至3面間に「号[ ]若四ヽ九三」等と標し,下方張数,下辺工名
巻尾「

大般若波羅蜜多經巻第四百九十三

號」等
尾題後接行 「

大壇越成忠郎趙〈安國〉一力刋(刊)經一部六百巻


首欄上に「四百九十三」と書す,稀に行間墨校改書入
同前表紙(30.3×11.6㎝) 同前,但し「首缺」字なし 折本,毎張1紙

大般若波羅蜜多經巻第五百四十

稱/(低7格)三蔵法師 〈玄奘奉 詔譯〉/第四分供養窣堵波品第三之二」 【第4帖】(巻540)16張
天地有界(界高約25.0㎝,幅約10.7㎝),毎張5面30行,毎行17字,顔真卿体
巻尾「大般若波羅蜜多經卷第五百四十 稱」 1行を隔て音釈を附す
破損鈔補
後補黄檗染包背表紙(30.8×11.7㎝) 上面右葉左肩に題簽を貼布し「大般若経巻苐五百七十八」と書す,八双あり,下小口に「珍八」と書す 折本,巻尾を包背部に貼附(剥離),毎張1紙 竹紙,虫損修補
「大般若經第十會般若理趣分序 珍」 【第5帖】第1張
序後接行「

大般若波羅蜜多經巻第五百七十八

/(低7格)三蔵法師 玄奘奉 詔譯/第十般若理趣分」 (卷578)第1至16張(計16張)
天地有界(界高約24.9㎝,幅約11.0㎝),毎張5面30行,毎行17字,顔真卿体 毎張首に「珎 般若 五百七十八巻」と題し,下方紙張数,下辺工名 (工名)黄样
巻尾「大般若波羅蜜多經巻第五百七十八 珍」 1行を隔て音釈を附す
巻578神呪に墨筆音仮名書入,別手破損鈔補 毎帖首に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記あり

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・115

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷493 496至497 540 578

唐 大 5帖

唐釋玄奘奉詔譯
[紹定3至淳煕2年]刊(趙安國施[平江府磧砂延聖院])[磧砂藏]本 卷540 578配[宋]刊[圓覺]藏本 [西大寺]舊藏

新補淡茶色絹表紙(28.7×11.3㎝,第2至3帖29.6×11.3㎝) 中央に素絹題簽を貼布し「大般若波羅蜜多経〈巻苐幾(/首缺)〉」と書す 折本,毎張1紙 竹紙,裏打修補
巻首首([第三分善現品第三之十二])闕,「//

假設是真是實有常有恒無變無易有實性/者

」以下,第2帖首([第三分善現品第三之十五])闕,「//處不可得聲處於色香味觸法處亦不可得/」以下,第3帖首([第三分善現品第三之十六])闕,「訶薩名亦復如是唯客所攝由斯故說諸菩/薩」以下 【第1帖】(巻493)第2至15張(計14張,尾1面闕),【第2帖】(巻496)第[11]至16張(計6張,首3面闕),【第3帖】(巻497)第5至11,15張首(計8張,首1面闕)
天地有界(界高約24.0㎝,幅約10.0㎝),毎張5面30行,毎行17字,欧陽詢体 奇数張第1至2面間,偶数張第2至3面間に「号[ ]若四ヽ九三」等と標し,下方張数,下辺工名
巻尾「

大般若波羅蜜多經巻第四百九十三

號」等
尾題後接行 「

大壇越成忠郎趙〈安國〉一力刋(刊)經一部六百巻


首欄上に「四百九十三」と書す,稀に行間墨校改書入
同前表紙(30.3×11.6㎝) 同前,但し「首缺」字なし 折本,毎張1紙

大般若波羅蜜多經巻第五百四十

稱/(低7格)三蔵法師 〈玄奘奉 詔譯〉/第四分供養窣堵波品第三之二」 【第4帖】(巻540)16張
天地有界(界高約25.0㎝,幅約10.7㎝),毎張5面30行,毎行17字,顔真卿体
巻尾「大般若波羅蜜多經卷第五百四十 稱」 1行を隔て音釈を附す
破損鈔補
後補黄檗染包背表紙(30.8×11.7㎝) 上面右葉左肩に題簽を貼布し「大般若経巻苐五百七十八」と書す,八双あり,下小口に「珍八」と書す 折本,巻尾を包背部に貼附(剥離),毎張1紙 竹紙,虫損修補
「大般若經第十會般若理趣分序 珍」 【第5帖】第1張
序後接行「

大般若波羅蜜多經巻第五百七十八

/(低7格)三蔵法師 玄奘奉 詔譯/第十般若理趣分」 (卷578)第1至16張(計16張)
天地有界(界高約24.9㎝,幅約11.0㎝),毎張5面30行,毎行17字,顔真卿体 毎張首に「珎 般若 五百七十八巻」と題し,下方紙張数,下辺工名 (工名)黄样
巻尾「大般若波羅蜜多經巻第五百七十八 珍」 1行を隔て音釈を附す
巻578神呪に墨筆音仮名書入,別手破損鈔補 毎帖首に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記あり

子部釋家類

大般若波羅蜜多經 函架番号:512・115

大般若波羅蜜多經[600]卷 存卷493 496至497 540 578

唐 大 5帖

唐釋玄奘奉詔譯
[紹定3至淳煕2年]刊(趙安國施[平江府磧砂延聖院])[磧砂藏]本 卷540 578配[宋]刊[圓覺]藏本 [西大寺]舊藏

新補淡茶色絹表紙(28.7×11.3㎝,第2至3帖29.6×11.3㎝) 中央に素絹題簽を貼布し「大般若波羅蜜多経〈巻苐幾(/首缺)〉」と書す 折本,毎張1紙 竹紙,裏打修補
巻首首([第三分善現品第三之十二])闕,「//

假設是真是實有常有恒無變無易有實性/者

」以下,第2帖首([第三分善現品第三之十五])闕,「//處不可得聲處於色香味觸法處亦不可得/」以下,第3帖首([第三分善現品第三之十六])闕,「訶薩名亦復如是唯客所攝由斯故說諸菩/薩」以下 【第1帖】(巻493)第2至15張(計14張,尾1面闕),【第2帖】(巻496)第[11]至16張(計6張,首3面闕),【第3帖】(巻497)第5至11,15張首(計8張,首1面闕)
天地有界(界高約24.0㎝,幅約10.0㎝),毎張5面30行,毎行17字,欧陽詢体 奇数張第1至2面間,偶数張第2至3面間に「号[ ]若四ヽ九三」等と標し,下方張数,下辺工名
巻尾「

大般若波羅蜜多經巻第四百九十三

號」等
尾題後接行 「

大壇越成忠郎趙〈安國〉一力刋(刊)經一部六百巻


首欄上に「四百九十三」と書す,稀に行間墨校改書入
同前表紙(30.3×11.6㎝) 同前,但し「首缺」字なし 折本,毎張1紙

大般若波羅蜜多經巻第五百四十

稱/(低7格)三蔵法師 〈玄奘奉 詔譯〉/第四分供養窣堵波品第三之二」 【第4帖】(巻540)16張
天地有界(界高約25.0㎝,幅約10.7㎝),毎張5面30行,毎行17字,顔真卿体
巻尾「大般若波羅蜜多經卷第五百四十 稱」 1行を隔て音釈を附す
破損鈔補
後補黄檗染包背表紙(30.8×11.7㎝) 上面右葉左肩に題簽を貼布し「大般若経巻苐五百七十八」と書す,八双あり,下小口に「珍八」と書す 折本,巻尾を包背部に貼附(剥離),毎張1紙 竹紙,虫損修補
「大般若經第十會般若理趣分序 珍」 【第5帖】第1張
序後接行「

大般若波羅蜜多經巻第五百七十八

/(低7格)三蔵法師 玄奘奉 詔譯/第十般若理趣分」 (卷578)第1至16張(計16張)
天地有界(界高約24.9㎝,幅約11.0㎝),毎張5面30行,毎行17字,顔真卿体 毎張首に「珎 般若 五百七十八巻」と題し,下方紙張数,下辺工名 (工名)黄样
巻尾「大般若波羅蜜多經巻第五百七十八 珍」 1行を隔て音釈を附す
巻578神呪に墨筆音仮名書入,別手破損鈔補 毎帖首に単辺方形陽刻「宮内省/圖書印」①朱印記あり

全文影像


分類目録

最後まで表示する