子部釋家類

景祐天竺字源 函架番号:503・157

景祐天竺字源7卷 闕卷7

和 大 6軸

宋釋惟浄等撰
[平安]冩 高山寺舊蔵

後補浅葱色艶出表紙(27.9×23.2㎝),景祐天竺字原[抄]と同装 左肩打付に「景祐天竺字源巻幾[ ]甲〈ノ〉[ ]」と書す,その右に朱欄「一○七七」墨書蔵書票,その下に二層横書「(単辺)明治三十四年・(双辺)歴史會/[二二八]號[ノ幾]/購入」印刷([ ]内墨書)蔵書票を貼付す 巻子装,毎紙幅約56.6㎝(第1軸第1紙53.5㎝,第2紙20.0㎝,第2軸第1紙54.3㎝,第3軸第30紙21.0㎝,第4軸第1紙54.5㎝,第20紙53.0㎝,第5軸第1紙54.5㎝,第21紙54.7㎝),朱頂黒漆塗り木軸 淡茶染楮紙,裏打修補
「/

景祐天竺字源序

/(低3格)御製」 【第1軸】第1至2紙,「(中略)景祐天竺字源者西天譯經三蔵試光/禄卿傳梵大師法護譯經三蔵試光禄/卿光梵大師惟浄所同綴集也(中略)是書/也華梵對翻都為七巻聲明之學寔肇/於茲(中略)終篇奏御因得詳/研賜以名題仍裁序引(下略)」 [仁宗]
巻首序後接行「

景祐天竺字源巻第一

/ 〈譯經三蔵朝散大夫試光禄卿光梵大師賜紫沙門《臣》惟浄等集進〉」と題し次行より題辞,行を接し2格を低し目録(至第七),又行を接し「十二轉聲十二番字母各分五音第一/十二轉聲/(以下低2格)准天竺聲明字源及涅槃經有十六轉/聲」以下 毎節改行 (巻1)第2至14紙(計13紙),【第2軸】(巻2)7紙,【第3軸】(巻3)30紙,【第4軸】(巻4)20紙,【第5軸】(巻5)21紙,【第6軸】(巻6)21紙
淡墨界(界高約21.9㎝,界幅約1.8cm),毎紙30行,行17字,1筆
巻尾「景祐天竺字源巻第幾」
毎軸本文後に後補雲母引副葉
毎巻尾題より隔行低格「一挍了(畢)」識語 毎巻首に単辺方形陽刻「

髙山寺

(楷書)」③朱印記,同「宮内省/圖書印」②朱印記あり

子部釋家類

景祐天竺字源 函架番号:503・157

景祐天竺字源7卷 闕卷7

和 大 6軸

宋釋惟浄等撰
[平安]冩 高山寺舊蔵

後補浅葱色艶出表紙(27.9×23.2㎝),景祐天竺字原[抄]と同装 左肩打付に「景祐天竺字源巻幾[ ]甲〈ノ〉[ ]」と書す,その右に朱欄「一○七七」墨書蔵書票,その下に二層横書「(単辺)明治三十四年・(双辺)歴史會/[二二八]號[ノ幾]/購入」印刷([ ]内墨書)蔵書票を貼付す 巻子装,毎紙幅約56.6㎝(第1軸第1紙53.5㎝,第2紙20.0㎝,第2軸第1紙54.3㎝,第3軸第30紙21.0㎝,第4軸第1紙54.5㎝,第20紙53.0㎝,第5軸第1紙54.5㎝,第21紙54.7㎝),朱頂黒漆塗り木軸 淡茶染楮紙,裏打修補
「/

景祐天竺字源序

/(低3格)御製」 【第1軸】第1至2紙,「(中略)景祐天竺字源者西天譯經三蔵試光/禄卿傳梵大師法護譯經三蔵試光禄/卿光梵大師惟浄所同綴集也(中略)是書/也華梵對翻都為七巻聲明之學寔肇/於茲(中略)終篇奏御因得詳/研賜以名題仍裁序引(下略)」 [仁宗]
巻首序後接行「

景祐天竺字源巻第一

/ 〈譯經三蔵朝散大夫試光禄卿光梵大師賜紫沙門《臣》惟浄等集進〉」と題し次行より題辞,行を接し2格を低し目録(至第七),又行を接し「十二轉聲十二番字母各分五音第一/十二轉聲/(以下低2格)准天竺聲明字源及涅槃經有十六轉/聲」以下 毎節改行 (巻1)第2至14紙(計13紙),【第2軸】(巻2)7紙,【第3軸】(巻3)30紙,【第4軸】(巻4)20紙,【第5軸】(巻5)21紙,【第6軸】(巻6)21紙
淡墨界(界高約21.9㎝,界幅約1.8cm),毎紙30行,行17字,1筆
巻尾「景祐天竺字源巻第幾」
毎軸本文後に後補雲母引副葉
毎巻尾題より隔行低格「一挍了(畢)」識語 毎巻首に単辺方形陽刻「

髙山寺

(楷書)」③朱印記,同「宮内省/圖書印」②朱印記あり

子部釋家類

景祐天竺字源 函架番号:503・157

景祐天竺字源7卷 闕卷7

和 大 6軸

宋釋惟浄等撰
[平安]冩 高山寺舊蔵

後補浅葱色艶出表紙(27.9×23.2㎝),景祐天竺字原[抄]と同装 左肩打付に「景祐天竺字源巻幾[ ]甲〈ノ〉[ ]」と書す,その右に朱欄「一○七七」墨書蔵書票,その下に二層横書「(単辺)明治三十四年・(双辺)歴史會/[二二八]號[ノ幾]/購入」印刷([ ]内墨書)蔵書票を貼付す 巻子装,毎紙幅約56.6㎝(第1軸第1紙53.5㎝,第2紙20.0㎝,第2軸第1紙54.3㎝,第3軸第30紙21.0㎝,第4軸第1紙54.5㎝,第20紙53.0㎝,第5軸第1紙54.5㎝,第21紙54.7㎝),朱頂黒漆塗り木軸 淡茶染楮紙,裏打修補
「/

景祐天竺字源序

/(低3格)御製」 【第1軸】第1至2紙,「(中略)景祐天竺字源者西天譯經三蔵試光/禄卿傳梵大師法護譯經三蔵試光禄/卿光梵大師惟浄所同綴集也(中略)是書/也華梵對翻都為七巻聲明之學寔肇/於茲(中略)終篇奏御因得詳/研賜以名題仍裁序引(下略)」 [仁宗]
巻首序後接行「

景祐天竺字源巻第一

/ 〈譯經三蔵朝散大夫試光禄卿光梵大師賜紫沙門《臣》惟浄等集進〉」と題し次行より題辞,行を接し2格を低し目録(至第七),又行を接し「十二轉聲十二番字母各分五音第一/十二轉聲/(以下低2格)准天竺聲明字源及涅槃經有十六轉/聲」以下 毎節改行 (巻1)第2至14紙(計13紙),【第2軸】(巻2)7紙,【第3軸】(巻3)30紙,【第4軸】(巻4)20紙,【第5軸】(巻5)21紙,【第6軸】(巻6)21紙
淡墨界(界高約21.9㎝,界幅約1.8cm),毎紙30行,行17字,1筆
巻尾「景祐天竺字源巻第幾」
毎軸本文後に後補雲母引副葉
毎巻尾題より隔行低格「一挍了(畢)」識語 毎巻首に単辺方形陽刻「

髙山寺

(楷書)」③朱印記,同「宮内省/圖書印」②朱印記あり

全文影像


巻首

分類目録

最後まで表示する