子部醫家類

新編類要圖註本草 函架番号:559・30

新編類要圖註本草42卷 目1卷 首5卷

唐 半 22冊

[宋唐愼微]寇宗奭撰劉信甫 許洪校
[宋末元初]刊([建]安余彦國勵賢堂) 金澤文庫 多紀家 江戸醫學館 帝国博物館舊蔵

後補白色漉目表紙(22.3×14.4㎝) 左肩打付に「新編類要本草圖註上一之三巻」「圖注本草巻第幾之幾」等と書す,中央打付に小題を,右下に「共[ ]」と書す,右肩に「(横書)東京帝室博物館/漢 書/番號[49]/種別・[ ]/函・[33]/架・[5]/册・[22]」([ ]内ペン書)蔵書票,朱欄「苐一区」「<共>二二/一九二七」墨書小簽,首冊のみ中央に茶色蔓草飾り辺欄「漢 書/[五六]號/[東三ノ五]架/<共>貳拾貳冊」鉛印([ ]内墨書)蔵書票あり 袋綴,胡蝶装を改む 竹紙,虫損修補,天地截断
「新編類要圖註本草緫目」 【第1冊】3張 「新編類要圖註本草目録/(低7格)桃谿儒醫劉 〈信甫〉 校正」と題し,匡郭内に双辺無界牌記「本草之書最爲備急世不可闕舊有神農(2字墨囲陰刻)圖經(同)/證類(同)板皆漫滅大則浩博而難閲小則疎畧而/不備圖相雕刻而不眞舛誤者多今將是書鼎/新刋行方以類聚物以羣分附入衍義草木蟲/魚圖相眞楷藥性畏悪炮炙製度標列綱領瞭/然在目易於檢閲色〻詳具三復參挍並無毫/髪之差庶使用者無疑豈曰小補哉伏幸詳鑒(楷行)」とあり 30張
目録尾題前に 5格を低し双辺無界牌記 「

[建]安余彦國/刋于勵賢堂

」あり

新編類要圖註本草上一巻

/(以下低2格)〈通直郎添差充収買藥材所辨驗藥材寇 《宗奭》 編撰〉/〈勑授太醫助教差充行在和劑辨驗藥材官許 《洪》 校正〉」 【第2冊】(巻1)20張,(巻2)18張,【第3冊】(巻3)19張,(巻4)19張,(巻5)20張 諸本旧序等,版心題「本草上 巳巻」等,尾題同首
巻首「

新編類要圖註本草巻第一

/(低3格)玉石部上品/丹砂(墨囲陰刻)」 先ず図,上方に「辰//州」等と産地を注し,薬種名を墨囲陰刻にて再掲し,直下より本文,改行して「陶隠居云」等と出処を示し,直下より引文(小字双行),毎条改行 【第3冊】(巻1)22張,(巻2)20張,【第4冊】(巻3)22張,(巻4)20張,【第5冊】(巻5)20張,(巻6)16張,【第6冊】(巻7)22張,(巻8)20張,【第7冊】(巻9)18張,(巻10)23張,【第8冊】(巻11)26張,(巻12)29張,【第9冊】(巻13)30張,(巻14)30張,【第10冊】(巻15)28張,(巻16)21張,【第11冊】(巻17)20張,(巻18)30張,【第12冊】(巻19)27張,(巻20)25張(第4張後半闕,補紙),【第13冊】(巻21)21張,(巻22)24張,【第14冊】(巻23)22張,(巻24)24張,【第15冊】(巻25)23張,(巻26)6張,(巻27)16張,【第16冊】(巻28)23張(第15至16張の字様異なる),(巻29)存第2至15張,【第17冊】(巻30)18張,(巻31)23張,【第18冊】(巻32)29張,(巻33)18張,【第19冊】(巻34)22張,(巻35)27張,【第20冊】(巻36)21張,(巻37)8張,【第21冊】(巻38)18張,(巻39)7張,(巻40)18張,【第22冊】(巻41)14張,(巻42)11張,
四周双辺(19.3×13.0㎝),有界,10行19字,柳公権体 線黒口,双黒魚尾(不対向),上尾下題「本(草)幾」,下尾下に張数,稀に上象鼻に大小字数 (闕筆)玄殷貞癥愼稱燉
巻尾「新編類要圖註本草巻第幾」
上巻1のみ[室町]墨筆返点,連合符,音訓送仮名,欄上校注書入あり,縹色不審紙 毎冊首尾,目尾,上首,巻15尾16首,巻21尾22首,巻36尾37首に双辺方形陽刻「

金澤文庫

(楷書)」(三類一号)④墨印記(第10冊尾,11冊首,12冊尾,13冊首尾,14冊首,15冊尾,16冊首尾,17冊尾,18冊首尾,19尾,20至21冊首尾,22冊首は闕く),毎冊首に単辺同「

多紀氏/藏書印

」朱印記,同「江戸醫學/臧書之記」朱印記,同「帝國/博物館/圖書」朱印記,第2以下毎冊首に同「宮内省/圖書印」②朱印記を存す

子部醫家類

新編類要圖註本草 函架番号:559・30

新編類要圖註本草42卷 目1卷 首5卷

唐 半 22冊

[宋唐愼微]寇宗奭撰劉信甫 許洪校
[宋末元初]刊([建]安余彦國勵賢堂) 金澤文庫 多紀家 江戸醫學館 帝国博物館舊蔵

後補白色漉目表紙(22.3×14.4㎝) 左肩打付に「新編類要本草圖註上一之三巻」「圖注本草巻第幾之幾」等と書す,中央打付に小題を,右下に「共[ ]」と書す,右肩に「(横書)東京帝室博物館/漢 書/番號[49]/種別・[ ]/函・[33]/架・[5]/册・[22]」([ ]内ペン書)蔵書票,朱欄「苐一区」「<共>二二/一九二七」墨書小簽,首冊のみ中央に茶色蔓草飾り辺欄「漢 書/[五六]號/[東三ノ五]架/<共>貳拾貳冊」鉛印([ ]内墨書)蔵書票あり 袋綴,胡蝶装を改む 竹紙,虫損修補,天地截断
「新編類要圖註本草緫目」 【第1冊】3張 「新編類要圖註本草目録/(低7格)桃谿儒醫劉 〈信甫〉 校正」と題し,匡郭内に双辺無界牌記「本草之書最爲備急世不可闕舊有神農(2字墨囲陰刻)圖經(同)/證類(同)板皆漫滅大則浩博而難閲小則疎畧而/不備圖相雕刻而不眞舛誤者多今將是書鼎/新刋行方以類聚物以羣分附入衍義草木蟲/魚圖相眞楷藥性畏悪炮炙製度標列綱領瞭/然在目易於檢閲色〻詳具三復參挍並無毫/髪之差庶使用者無疑豈曰小補哉伏幸詳鑒(楷行)」とあり 30張
目録尾題前に 5格を低し双辺無界牌記 「

[建]安余彦國/刋于勵賢堂

」あり

新編類要圖註本草上一巻

/(以下低2格)〈通直郎添差充収買藥材所辨驗藥材寇 《宗奭》 編撰〉/〈勑授太醫助教差充行在和劑辨驗藥材官許 《洪》 校正〉」 【第2冊】(巻1)20張,(巻2)18張,【第3冊】(巻3)19張,(巻4)19張,(巻5)20張 諸本旧序等,版心題「本草上 巳巻」等,尾題同首
巻首「

新編類要圖註本草巻第一

/(低3格)玉石部上品/丹砂(墨囲陰刻)」 先ず図,上方に「辰//州」等と産地を注し,薬種名を墨囲陰刻にて再掲し,直下より本文,改行して「陶隠居云」等と出処を示し,直下より引文(小字双行),毎条改行 【第3冊】(巻1)22張,(巻2)20張,【第4冊】(巻3)22張,(巻4)20張,【第5冊】(巻5)20張,(巻6)16張,【第6冊】(巻7)22張,(巻8)20張,【第7冊】(巻9)18張,(巻10)23張,【第8冊】(巻11)26張,(巻12)29張,【第9冊】(巻13)30張,(巻14)30張,【第10冊】(巻15)28張,(巻16)21張,【第11冊】(巻17)20張,(巻18)30張,【第12冊】(巻19)27張,(巻20)25張(第4張後半闕,補紙),【第13冊】(巻21)21張,(巻22)24張,【第14冊】(巻23)22張,(巻24)24張,【第15冊】(巻25)23張,(巻26)6張,(巻27)16張,【第16冊】(巻28)23張(第15至16張の字様異なる),(巻29)存第2至15張,【第17冊】(巻30)18張,(巻31)23張,【第18冊】(巻32)29張,(巻33)18張,【第19冊】(巻34)22張,(巻35)27張,【第20冊】(巻36)21張,(巻37)8張,【第21冊】(巻38)18張,(巻39)7張,(巻40)18張,【第22冊】(巻41)14張,(巻42)11張,
四周双辺(19.3×13.0㎝),有界,10行19字,柳公権体 線黒口,双黒魚尾(不対向),上尾下題「本(草)幾」,下尾下に張数,稀に上象鼻に大小字数 (闕筆)玄殷貞癥愼稱燉
巻尾「新編類要圖註本草巻第幾」
上巻1のみ[室町]墨筆返点,連合符,音訓送仮名,欄上校注書入あり,縹色不審紙 毎冊首尾,目尾,上首,巻15尾16首,巻21尾22首,巻36尾37首に双辺方形陽刻「

金澤文庫

(楷書)」(三類一号)④墨印記(第10冊尾,11冊首,12冊尾,13冊首尾,14冊首,15冊尾,16冊首尾,17冊尾,18冊首尾,19尾,20至21冊首尾,22冊首は闕く),毎冊首に単辺同「

多紀氏/藏書印

」朱印記,同「江戸醫學/臧書之記」朱印記,同「帝國/博物館/圖書」朱印記,第2以下毎冊首に同「宮内省/圖書印」②朱印記を存す

子部醫家類

新編類要圖註本草 函架番号:559・30

新編類要圖註本草42卷 目1卷 首5卷

唐 半 22冊

[宋唐愼微]寇宗奭撰劉信甫 許洪校
[宋末元初]刊([建]安余彦國勵賢堂) 金澤文庫 多紀家 江戸醫學館 帝国博物館舊蔵

後補白色漉目表紙(22.3×14.4㎝) 左肩打付に「新編類要本草圖註上一之三巻」「圖注本草巻第幾之幾」等と書す,中央打付に小題を,右下に「共[ ]」と書す,右肩に「(横書)東京帝室博物館/漢 書/番號[49]/種別・[ ]/函・[33]/架・[5]/册・[22]」([ ]内ペン書)蔵書票,朱欄「苐一区」「<共>二二/一九二七」墨書小簽,首冊のみ中央に茶色蔓草飾り辺欄「漢 書/[五六]號/[東三ノ五]架/<共>貳拾貳冊」鉛印([ ]内墨書)蔵書票あり 袋綴,胡蝶装を改む 竹紙,虫損修補,天地截断
「新編類要圖註本草緫目」 【第1冊】3張 「新編類要圖註本草目録/(低7格)桃谿儒醫劉 〈信甫〉 校正」と題し,匡郭内に双辺無界牌記「本草之書最爲備急世不可闕舊有神農(2字墨囲陰刻)圖經(同)/證類(同)板皆漫滅大則浩博而難閲小則疎畧而/不備圖相雕刻而不眞舛誤者多今將是書鼎/新刋行方以類聚物以羣分附入衍義草木蟲/魚圖相眞楷藥性畏悪炮炙製度標列綱領瞭/然在目易於檢閲色〻詳具三復參挍並無毫/髪之差庶使用者無疑豈曰小補哉伏幸詳鑒(楷行)」とあり 30張
目録尾題前に 5格を低し双辺無界牌記 「

[建]安余彦國/刋于勵賢堂

」あり

新編類要圖註本草上一巻

/(以下低2格)〈通直郎添差充収買藥材所辨驗藥材寇 《宗奭》 編撰〉/〈勑授太醫助教差充行在和劑辨驗藥材官許 《洪》 校正〉」 【第2冊】(巻1)20張,(巻2)18張,【第3冊】(巻3)19張,(巻4)19張,(巻5)20張 諸本旧序等,版心題「本草上 巳巻」等,尾題同首
巻首「

新編類要圖註本草巻第一

/(低3格)玉石部上品/丹砂(墨囲陰刻)」 先ず図,上方に「辰//州」等と産地を注し,薬種名を墨囲陰刻にて再掲し,直下より本文,改行して「陶隠居云」等と出処を示し,直下より引文(小字双行),毎条改行 【第3冊】(巻1)22張,(巻2)20張,【第4冊】(巻3)22張,(巻4)20張,【第5冊】(巻5)20張,(巻6)16張,【第6冊】(巻7)22張,(巻8)20張,【第7冊】(巻9)18張,(巻10)23張,【第8冊】(巻11)26張,(巻12)29張,【第9冊】(巻13)30張,(巻14)30張,【第10冊】(巻15)28張,(巻16)21張,【第11冊】(巻17)20張,(巻18)30張,【第12冊】(巻19)27張,(巻20)25張(第4張後半闕,補紙),【第13冊】(巻21)21張,(巻22)24張,【第14冊】(巻23)22張,(巻24)24張,【第15冊】(巻25)23張,(巻26)6張,(巻27)16張,【第16冊】(巻28)23張(第15至16張の字様異なる),(巻29)存第2至15張,【第17冊】(巻30)18張,(巻31)23張,【第18冊】(巻32)29張,(巻33)18張,【第19冊】(巻34)22張,(巻35)27張,【第20冊】(巻36)21張,(巻37)8張,【第21冊】(巻38)18張,(巻39)7張,(巻40)18張,【第22冊】(巻41)14張,(巻42)11張,
四周双辺(19.3×13.0㎝),有界,10行19字,柳公権体 線黒口,双黒魚尾(不対向),上尾下題「本(草)幾」,下尾下に張数,稀に上象鼻に大小字数 (闕筆)玄殷貞癥愼稱燉
巻尾「新編類要圖註本草巻第幾」
上巻1のみ[室町]墨筆返点,連合符,音訓送仮名,欄上校注書入あり,縹色不審紙 毎冊首尾,目尾,上首,巻15尾16首,巻21尾22首,巻36尾37首に双辺方形陽刻「

金澤文庫

(楷書)」(三類一号)④墨印記(第10冊尾,11冊首,12冊尾,13冊首尾,14冊首,15冊尾,16冊首尾,17冊尾,18冊首尾,19尾,20至21冊首尾,22冊首は闕く),毎冊首に単辺同「

多紀氏/藏書印

」朱印記,同「江戸醫學/臧書之記」朱印記,同「帝國/博物館/圖書」朱印記,第2以下毎冊首に同「宮内省/圖書印」②朱印記を存す

全文影像


巻首,金沢文庫印記

分類目録

最後まで表示する