史部正史類

陳書列傳 函架番号:503・169

陳書[36]卷 存列傳卷14 30

和 大 2軸

唐[姚思廉][奉勑]撰
[平安]寫轉寫[唐]鈔本

新補栗皮表紙(28.4×23.8cm) 左肩[南北朝]筆にて「陳書列傳巻第幾」と墨書せる旧題簽を貼附す 巻子装(第1軸黒漆塗り,第2軸脱落痕あり),第1軸は折本を改む 斐紙,一部虫損修補,毎紙幅約57.8㎝(毎軸第1紙約55.3㎝,第1軸第9紙6行無文,幅13.0cm以上),(第1軸)旧装毎面約19.0㎝
見返し貼紙せず
巻首「/

列傳苐十四(隔3格)陳書

/(以下低3格小目)/到仲舉字徳言彭城武原人也」以下,「/

列傳苐卅(隔2格)陳書

/(以下低3格小目)/始興王叔陵字子嵩髙之苐」以下 毎巻改行,(第14)毎章隔2格 【第1軸】(第14)9紙,【第2軸】(第30)7紙
淡墨界,界高約21.6cm,界幅2.2cm,毎紙(巻14)26行16字内外,(巻30)26行15字内外,2筆 (闕筆)世(巻30不闕)民
巻尾本文末より1行を隔し「列傳苐十四(隔3格)陳書」,「列傳苐卅(隔2格)陳書」
毎巻首に単辺方形陽刻「宮内省/図書印」①朱印記,毎軸尾下辺に単辺楕円形陽刻二層「(毎字改行)(外上)用度費購入・(外下)昭和[7]年[1]月・(内)圖書寮(楷書)」朱印記([ ]内ペン書)あり

史部正史類

陳書列傳 函架番号:503・169

陳書[36]卷 存列傳卷14 30

和 大 2軸

唐[姚思廉][奉勑]撰
[平安]寫轉寫[唐]鈔本

新補栗皮表紙(28.4×23.8cm) 左肩[南北朝]筆にて「陳書列傳巻第幾」と墨書せる旧題簽を貼附す 巻子装(第1軸黒漆塗り,第2軸脱落痕あり),第1軸は折本を改む 斐紙,一部虫損修補,毎紙幅約57.8㎝(毎軸第1紙約55.3㎝,第1軸第9紙6行無文,幅13.0cm以上),(第1軸)旧装毎面約19.0㎝
見返し貼紙せず
巻首「/

列傳苐十四(隔3格)陳書

/(以下低3格小目)/到仲舉字徳言彭城武原人也」以下,「/

列傳苐卅(隔2格)陳書

/(以下低3格小目)/始興王叔陵字子嵩髙之苐」以下 毎巻改行,(第14)毎章隔2格 【第1軸】(第14)9紙,【第2軸】(第30)7紙
淡墨界,界高約21.6cm,界幅2.2cm,毎紙(巻14)26行16字内外,(巻30)26行15字内外,2筆 (闕筆)世(巻30不闕)民
巻尾本文末より1行を隔し「列傳苐十四(隔3格)陳書」,「列傳苐卅(隔2格)陳書」
毎巻首に単辺方形陽刻「宮内省/図書印」①朱印記,毎軸尾下辺に単辺楕円形陽刻二層「(毎字改行)(外上)用度費購入・(外下)昭和[7]年[1]月・(内)圖書寮(楷書)」朱印記([ ]内ペン書)あり

史部正史類

陳書列傳 函架番号:503・169

陳書[36]卷 存列傳卷14 30

和 大 2軸

唐[姚思廉][奉勑]撰
[平安]寫轉寫[唐]鈔本

新補栗皮表紙(28.4×23.8cm) 左肩[南北朝]筆にて「陳書列傳巻第幾」と墨書せる旧題簽を貼附す 巻子装(第1軸黒漆塗り,第2軸脱落痕あり),第1軸は折本を改む 斐紙,一部虫損修補,毎紙幅約57.8㎝(毎軸第1紙約55.3㎝,第1軸第9紙6行無文,幅13.0cm以上),(第1軸)旧装毎面約19.0㎝
見返し貼紙せず
巻首「/

列傳苐十四(隔3格)陳書

/(以下低3格小目)/到仲舉字徳言彭城武原人也」以下,「/

列傳苐卅(隔2格)陳書

/(以下低3格小目)/始興王叔陵字子嵩髙之苐」以下 毎巻改行,(第14)毎章隔2格 【第1軸】(第14)9紙,【第2軸】(第30)7紙
淡墨界,界高約21.6cm,界幅2.2cm,毎紙(巻14)26行16字内外,(巻30)26行15字内外,2筆 (闕筆)世(巻30不闕)民
巻尾本文末より1行を隔し「列傳苐十四(隔3格)陳書」,「列傳苐卅(隔2格)陳書」
毎巻首に単辺方形陽刻「宮内省/図書印」①朱印記,毎軸尾下辺に単辺楕円形陽刻二層「(毎字改行)(外上)用度費購入・(外下)昭和[7]年[1]月・(内)圖書寮(楷書)」朱印記([ ]内ペン書)あり

全文影像


巻14首

分類目録

最後まで表示する